2013年08月18日

ロングホリデー回想記⑲ 香港でのミラクル



な、な、な、なんとっ!!!

香港のエアポートで、、、

沢木耕太郎にあったーーーー!!!

私の人生のバイブル「深夜特急」の著者なので、謂わば私のGod

深夜特急で主人公(沢木耕太郎)が、最初に訪れた熱い地が香港&マカオだったので、今回の香港&マカオ旅行でも我がファミリーで何度彼の名前が出たことか、、、(家族みんなでファン!)


その奇跡は、まず父が発見した。

父が、私たち兄弟がお土産ショッピング中に、軽く「さっきあそこで沢木耕太郎に会って話したよ」なんて言うもんだから、

「は!?沢木ってだれ!?」

みたいなノリだったんだけど、よーーーく冷静に考えたら、私のGodがここにいらっしゃっるって!?

で、どこどこどこ??って空港内を探しまわりましたよ。

でも、ぶっちゃけ顔なんて覚えてないから、父の言う白×青のチェックのシャツってだけの情報で走り回った。笑

ブックカバーのプロフィール写真だけで顔を覚えていた父が本物のファンだな、、、と感心した。

で、白×青のチェックの長身の男性発見!

勇気を振り絞って、「あの~ぉ、沢木さんですか?」って聞いたら、Yes!

で、結局家族総出で彼を囲み、いかに今まで「深夜特急」に触発されて日本を飛び出したか、未知なる土地をバックパッカーしたか、今回の旅で何回あなたの名前が出てきたかを無我夢中で話してた。

とにかく、腕が折れるほどのアクシデントをしても、自分を客観視できてしまうほど冷静な私が、握手したのも覚えてないくらい呼吸荒く、大興奮して話してたそうだ。笑

沢木さん、今回はマカオに半月滞在し、バカラを楽しみながら、それについての今秋発刊予定の次回作の原稿を進めていたらしい。

わざわざ手提げを地面に置き、そんなことまで話してくれて、とっても温和で物腰柔らかく、気さくな人だった。

「また好きになっちゃった~♪」

と、飛行機の中でつぶやいた父の気持ちに大賛成。

本当に素晴らしい人だった、こんな人と結婚したいと心底思ってしまったほど。笑

ドラマでは、大沢たかおが彼の役を演じていたが、長身で物腰柔らかそうで、まさにそのものずばりといった感じだった。

だから大沢たかおが演じてたんだ~と、今更ながら納得!

(ちなみにDVD持ってるから、シドニー戻ってから即効観ました。やっぱり最高!)


今回の奇跡は、まさに 引き寄せの法則!

旅中ずっと彼の名前が出てきてたのと、ファンが4人(我がファミリー)集まってたから、相当強い磁気が出てたんだろうな~。

なんだか歳を重ねるごとに、安定志向になってしまい、旅に対してあまり意欲(というかチャレンジ精神、冒険心)が湧かなくなっていたが、今回の事で初心に返った。

むしろ、これは初心を思い出せって事だったんだと思う。

ってことで、また意欲湧いてきたーーー!!!

次は、どこに行こう?何しよう??

まずは、お金貯めなくちゃな、、、


なんだか仲良しファミリーのようですが、こちら父ではなく沢木さんです。笑


  


Posted by ミポリオ at 16:00Comments(2)旅行・ホリデー

2013年08月17日

ロングホリデー回想記⑱ マカオ



香港行ったらマカオも行かなくちゃ~ってことで、香港からフェリーで行ってきました。

マカオも16年ぶり!

テレビでさんざんマカオの発展振りを目の当たりにしていたので、ここに来たくて仕方なかった。

で、最初に向かうはやっぱり St. Paul 大聖堂

あいにくの雨だったので、大砲が点在する周りの公園には行かなかったけれど、教会は世界遺産だけあって昔のまま。


戦争で火事になって門構えだけ残ったというSt.Paul 大聖堂、だからこんな薄っぺら。

以前ポルトガル領だったのでパステルカラーで可愛らしい街、、、が何か凄いのできてる!!

3年前に行ったマレーシアのマラッカもポルトガル領でかわいかったなー。

ポルトガルに実際に行った事ないけど、こんなかわいい色してるのかな!?

黄色の次は緑色。街によって色変えてたのかな!?

街から外れると、もう中国。でも、グレーの中の赤がなんだか粋でかっこよかった。

決して住みたくはないけど、この雰囲気ウォン・カーウァイの映画の世界観!


St.Paul 大聖堂とその近辺の歴史的建造物が世界遺産入りしたことで、この景観は維持されているけど、世界遺産入りされたことで、マナーの無い観光客が増えて飛んでも無いことになっているのも事実。

というのも、不必要な土産物屋が点在し、もう何がなんだかわからないようなメチャクチャだったり、しつこいキャッチセールがいたり、大渋滞と思いきや、ツアーバスが駐車場でもない一方通行の道のど真ん中に駐車してツアー客を待っていたり、、、と残念な様子を目の当たりにした。

でも、弟がインターネットでリサーチしてくれていたので、1000円鱶鰭やミルクプリン、エッグタルトなど、昔ながらのマカオのB級グルメを食べ歩きできたのは良かった。


その後、マカオのニュースポット、カジノエリアへ!

カジノエリアは、大胆にも三角州を埋め立てしてできたという新しい地域。

さすが、やること派手だな、中国人!

で、ここはもはやラスベガス!

べネチアンに、MGM、もうすぐラクソールもできるというから、まさにラスベガスそのまま。


そのものずばりのべネチアン!6年前のラスベガス旅行を思い出すわー。

中がまた凄かった!!この重厚感、ラグジュアリー以外の言葉が出てこない、、、

そしてカジノ。何が違うって、白人がいなくて中国人ばっか!本来写真撮影禁止なので遠方から。

ラスベガスのベネチアンのすべてを表現。ゴンドラまで!でも船頭さん中国人。

これ、白人の特権よねー。ただ衣装着てるだけで、給料メチャクチャ良いんだろうなぁ。

昔ながらのカジノにも来ました。昔はこのリスボアがマカオの唯一のカジノだったのにねぇ。

そんなリスボアも、今ではこんなになってしまったー!なんか聖闘士星矢って感じ。

ドドーーーン!!これが新しい Grand Risboa だぜ~ぇと言わんばかりの形相。

これまた、夜が凄いのなんのって、、、

もはやマカオにいるのを忘れてしまいそうな凄さ!これが New マカオなんか!!


と、何がなんだか、、、、もうめっちゃくちゃになってしまったマカオ。

少し歩いて裏通りに行けば、昔ながらのマカオも見られますが、再び表通りなんか来たら、、、

なんか、娘が不良にでもなったかのような、親の複雑でさみしい心境がこれだと思う。
(いや、ちょっと違うか!?)

とにかく国の発展と言うのは、進展国からの訪問者にとっては、ずるい話かもしれないけど、寂しいものだと思った。

やっぱり東南アジアはあの昭和感が東南アジアの魅力なので、これ以上景観を損なってほしくないな、、、

と、香港に引き続き、心に哀愁漂わせる結果になってしまいました。

  


Posted by ミポリオ at 16:00Comments(0)旅行・ホリデー

2013年08月16日

ロングホリデー回想記⑰ 深圳・上水

実は、香港とそのお隣の中国は深圳に、日本語教師仲間がいるので、この香港滞在を機に再会しに足を運びました。

深圳は海鮮料理が安くて旨い、パチもんの電化製品が激安、革製品が安いという3安なので、香港から日帰りで観光に行く人も昨今では多いらしい。

香港シティから国境までは電車でわずか40分で、イミグレーションも超簡単なので、あっという間に辿り着いてしまった。


羅湖っていう国境の街。香港とは若干建物の様相が違って、中国キターーーって感じ。

川から左が中国で、右が香港。陸路で国境渡るこの瞬間が好き。

羅湖からは地下鉄で友人の住む街へ。なんとチケットじゃなくて、メダルが切符。

中国のスラムで日本語教師でバリバリ活躍中の元シェアメイト、3年ぶりの再会!

実はレストランとか無いからKFCで再会っていう、、、中国KFCはチャリで出前も可能!笑



3年ぶりの再会だったが、午後から授業があるというので早々に中国を退散し、お次は香港側の国境付近の上水という街に住む、これまた日本語教師繋がりの友人に会いに行った。

彼女は3年前に香港で日本語教師として新たなスタートを切り、その後、香港人の教え子とゴールイン!

で、今は子供もできたので、日本語教師を引退し、旦那と新たに日本のラーメン屋を始め、慌しくしているらしい。

いやぁ、人生何がどうなるかわからないもんだね。


香港郊外といっても、高層ビル(中層!?)も立ち並び、思ったような田舎ではなかった。

シドニーの日本語教師養成講座で共に学んだ彼女が、もう一児の母だなんて、、、


わずか3年で、子供を抱きながら商店街のおばさんと広東語を流暢に話す彼女を見て、人生ってのはなんて不思議なんだ。

自分次第で、こんなにも進む方向が変わるもんなのか、、、と驚かされた。

私も海外に出て4年が経つが、めいっぱい遊んだり、いろんな経験もしたが、なんかパっとした、自分めちゃ変わりましたっていう実感がまだない。

しかも、ここ2年は割と落ち着いていて、過去を振り返っても輝かしい思い出があまり思い出せない、、、

ということで、彼女の変貌ぶり(良い意味で)を見て、とても考えさせられました。

英語だって全然進歩ないし、もうちょっと自分を窮地に追いやって、もっともっと何かやらないとな。

やっぱり、旧友との再会っていうのは、いつも私に刺激を与えてくれて触発させられるので良いもんですね。

  


Posted by ミポリオ at 17:10Comments(0)旅行・ホリデー

2013年08月15日

ロングホリデー回想記⑯ 香港

今更ですが、実は以前書いていた「クルーズシップ&日本旅行記」の続きが書き溜めてあったので、また回想記再スタートします。。。


彼氏が一人、日本からシドニーへ発ち、残った私は日本でのんびり~かと思いきや、今回私にはミッションが、、、

「歩けるうちに、もう一度海外に行きたい!遠くは無理で、台湾やシンガポールは行ったことがあるので香港!」

と、85歳の祖母が言うので、願いを叶えるべく行ってきました。


香港!


しかも、なんだかんだでみんな休みが取れてしまったので 家族大集合!

実は、父が16年前に2年間単身赴任していたので、私たち家族で行くのはこれで3度目。

16年前中国に返還前だったし、幼心で何も考えずに観光していたので、今回の香港滞在はすごく楽しみなものだった。

そして何より、家族で大ファンのドキュメンタリー小説「深夜特急」の最初の舞台で、最も熱い地と知った今、小説の中のあの熱気溢れるアジアの集大成香港を再び見たくて仕方がなかった。


到着後、まずはビクトリアピークへ。ここから香港の高層ビル群全てが一望できる。

ピークからトロッコで山を下ると既に闇、香港島から九龍半島へ夜景を望みフェリーで移動。

ぶらぶらしてたら、なんと「深夜特急」に出てきた「チョンキンマンション」が!!

香港にきたら絶対外せない「女人街」は革製品がバカ安で超楽しい!!

幼心にも衝撃的な風景だった「JAMBO」にも足を運んだ。景色変わってなくて安心。

でも、昔と大きく違うのが観光客の数、もはや閑古鳥。つわものどもが夢のあと、、、哀愁漂う。

風水で有名な寺にも。信仰深いツーリストが沢山で、日本人はつくづくミーハーなだけだと思った。

やるじゃん、香港!と今回の旅で最も感動したもの=マックのメニュー。シャレオツ!笑

そして!!今年1月にシドニーで出会ったアヒル隊長に、また会えるなんてカンゲキ!


と、わずか3泊4日だったので駆け足で、観光地を昔の思い出を蘇らせつつ回ったのでした。

以前はまだイギリス領だったので、もっと白人がたくさんいたような、、、

もっと英語が通じたような、、、

もっと景観が綺麗だったような、、、

と、思い出ってのは美化してしまうってのもあるので定かではないけれど、返還を機に

THE 中国」になってしまった気がする。(ちょっと寂しい、、、)

そう感じて香港人の友人らにも聞いてみたら、やはり返還後、中国人が香港に簡単に行き来できるようになったので、お金持ちの中国人が家を購入して、中国人口が増え、マナーが低下したり、、、と香港人もがっかりなんだそうだ。

16年ぶりに、何か見えない幻想と期待を抱いてやって来たが、もはやアジアだけでなく、いろいろな国を回り、世界を見て、文化を知って成長してしまった私たちには、あの「深夜特急」の主人公のような沸きあがる感動と驚きは、当たり前だが味わえず、むしろ心に空虚を作る結果となってしまった。

小説を追えたのは良かったが、主人公の気持ちがもはやわからなくなっている自分には少々寂しく感じた。

と、今回の旅は、大人になった自分を実感した旅になりました。笑

  


Posted by ミポリオ at 16:00Comments(2)旅行・ホリデー

2013年07月21日

ロングホリデー回想記⑮ 夢の国



豪華客船に始まり、ダーウィンバリシンガポールに寄港し、たどり着いた日本。

日本では、まず東京に降り立ち、富士山・河口湖飛騨高山京都奈良広島大阪沖縄八重山諸島を旅して周り、5週間の日本旅行で最後に選んだ場所は、、、

「夢の国」

そう、、、、★☆☆東京ディズニーリゾート★☆★

張り切って、3Days pass を購入!

張り切って、Hilton Tokyo Bay に宿泊!!



生まれて初めて3Days pass っていう夢のチケットをゲットしたけど、、、可愛げが全く無い。

ミッキーやドナルド等メインキャラは人気ありすぎるので、質より量で攻めてみた。しかも、ほぼ悪役。

USJは写真写メ禁止だけど、TDLは夢の国なので買わずに写メしても怒られない。それにしてもブス。

2日目はTDSへ。ところで、昨年でTDLが30歳なので、TDR30周年アニバーサリーだった。

Seaは景色が良いから、ついつい写真撮りたくなっちゃうよね。

新しい「TOY STORY」のアトラクションは射的で、すごく面白かった!!

でも、やっぱり「タワーオブテラー」が一番だもんねーーー!!

3日目は再びTDL。30周年記念パレードやってました。可愛かった~♪

カリフォルニアのビューティビーストのお城よりも、断然日本のシンデレラ城が綺麗!

やっぱりエレクトリカルパレードだよねー、日本のパレードがやっぱり一番!

そして、今回TDRで初めて泊まった「Hilton Tokyo Bay」、ポスピタリティ最高でした。

室内は改装されてて、こんな斬新だった。しかも、朝食ビュッフェに、冷蔵庫ドリンク飲み放題!


素晴らしい旅の締めくくりになりました。

5週間、彼とはなんだかんだ喧嘩ばかりだし、日本で英語喋るのにほとほとストレス感じてたけど、やっぱり夢の国では癒されました。

最後にここ選んでよかった。



、、、が、しかし!!


Jetstar が最後にやらかしてくれた!!


彼氏の日本出発日のフライトが完全に無くなり、さらにもう一日JAPANステイ、、、

この後、再び東京に戻り、最後の最後には上野動物園行ったり、六本木行ったり、、、

で、なんとか無事彼氏お見送り~に至りました。



イトコが働くビルボードへ。六本木へ来るといつもAUSでバイト生活をしてる自分に反省させられる。

そして、彼氏ひとり帰国。FREEEEEDAAAAAAM!!!!! これからが、私の本当のHoliday!笑


  


Posted by ミポリオ at 15:00Comments(2)旅行・ホリデー