2010年08月30日

今日は何の日?(8月27日)




バイトに向かう途中、ハイドパークにいつもは無いはずの黄色いテントが点在。

何かと思い、よ~~~~く見ると、「Daffodil Day」だってさ。

ダフォディールって何?と家に帰って電子辞書で調べたところ、

Daffodil=ラッパズイセン。春の到来の象徴。

「あぁ、なるほど!日本で言う立春かぁ、ようやく冬が終わったんだぁ。ワーイ!!」

なんて、自分なりに解釈してたら、、、違ってました。

厳しい冬を乗り越えて、毎春に明るく太陽を連想させる元気な花を咲かせる球根性多年草のラッパズイセンは、国際的にがん患者やその家族・友人の希望の象徴とされ、今年は8月27日のこの日は、オーストラリア癌協議会(Cancer Council)が展開する南半球最大級の募金キャンペーンの日のようです。

実はこの国では、2人に1人の男性、3人に1人の女性が85歳を迎えるまでに、癌と診断されるそうです。
こんなに多くの人が癌に侵されるからこそ、こういうチャリティーがあるんですね。

ということで、癌で母を亡くした私こそ、募金に参加しなければならなかった、、、と大後悔。

8月中のしばらくは、随所で募金活動が続けられるそうなので、見かけたら必ず参加します!


よく見たら「Cancer Council」って書いてあるし、、、ここで気づけよ、自分!


  

Posted by ミポリオ at 14:51Comments(3)シドニーイベントシドニー