2013年07月07日

ロングホリデー回想記 ①クルーズシップ



ここ3年ほど日々の生活が忙しすぎて、旅行してもブログに記事を載せてなかったけど、今回は念願の豪華客船を経験してしまったので、何が何でもアップしたいと思ってがんばりましたよ。


さて、毎年6月に一時帰国というのが私のここ3年の恒例行事で、今年もその予定だったのですが、彼が日本に一度も行ったことがないというので、今回一緒に行くことに。

で、外国人目線ってことで、いろいろ旅行のパンフレットをツアーオフィスでもらって調べてたら、なんと年に一度シドニーから日本に向けて出向するクルーズシップが存在することを知り、日にち調べたら4月1日!

そして、彼も4月1日から2ヶ月ホリデー取れるってんで、即決定しました。

豪華客船の名は、Sun Princess

アメリカのクルーズシップで、ラグジュアリーの極み!(ホームページはこちら

シドニーから日本までの航路は以下の通り。


ダーウィン、バリ、シンガポール、ホーチミン、ニャタン、香港、シアメンに寄って25日後に日本。


正直、全部行ったことのある都市なので乗り気じゃなかったけど、逆に行ったことがなかったら、もっと長く滞在したいっていう気持ちになりそうだったから、逆にいいかと思って承諾。

で、さっそく申し込みに行ったら、なんとシンガポールから香港までの間だけ、客室が満室とのこと。

そう、さすがに25日間もみんなが皆ホリデー取れるわけではないようで、部分売りもしているらしい。

ということで、シンガポールまで13日間かけて豪華客船の旅が始まった。


まずはシドニー出発!ハーバーブリッジの下をスレスレぎりぎりで通過、この瞬間完成が沸き上った。

シドニーのNo.1名所オペラハウスよ、さらばじゃ~!!

ハーバーブリッジも遠くになり、いよいよ航海の始まり始まり!

オーストラリアの周りはな~んにもないから、常に水平線で2日で景色には飽きます。笑

夜は星空の下でシアター。新作映画が楽しめて、ポップコーンも無料でもらえる。

船内は現代版タイタニック、贅沢の極み!!

カジノやバー、カラオケパブ、オークションルーム、ピッチェリア、アイスクリームショップ等もある。

ジムにプールに、ジャグジースパもあるけどダーウィンまでの7日間寄港しないのですぐに飽きる。

もう30歳も超えておりますので、最後のセクシーショット一般公開!笑

飽きないように、ゴルフトーナメントやカーペットボール、ビンゴゲーム、卓球トーナメントも充実。

カービングみたいなやつ、初めてやったけど2回くらい優勝した。

スポーツばかりではなく、こんなカクテル作り大会やチームに分かれてバトルなんかもある。

4日に一回くらいはフォーマルナイトで、ドレスアップしてパーティ。(妊婦みたい)

最初のフォーマルナイトには、シャンパンツリーでみんなでお祝い!

ビュッフェやピッチェリアだけでなく、コース料理の高級レストランもあって、すべてタダ!

ディナーの後には、アメリカならではのミュージカルが楽しめる。

シンガポール到着前日は多くの人がこれでお別れなので、デッキ上で最後のパーティー。


正直、3日に一度くらい寄港すればもっと楽しいんだろうけど、シドニーからダーウィンまで7日間はノンストップで、ずっと海上(しかも水平線のみの景色)だったので、いくらグレートバリアリーフでエメラルドグリーンの美しい海でも飽きてしまった。

炎天下でプールの脇でアイスクリームサンデーを食べながら数独っていうのが、もっぱら日課でした。笑

乗客2000人、スタッフ1000人、船の最上階は14階って、もはや高層ビルディングだし、ひとつのビレッジとも言えてしまうほどの巨大さ!

ラグジュアリー この言葉は、まさにクルーズシップのためにある。

でも、今回の乗客の平均年齢はなんと64歳!(これでも若い方らしい)

車椅子や電動カートの人もいました。

そう、若者なんてほっとんどいません。笑

なので、若いうちは無理して(大金払って)クルーズしなくても、足が不自由になったり、飛行機が億劫になってからでも全然楽しめるので、ある意味新しい旅の方法がわかって良かった。



人生後半にしたい夢だったけど、思わず叶ってしまったので、また新たな夢を考えなくては!笑
  


Posted by ミポリオ at 15:00Comments(5)旅行・ホリデー