2013年08月12日

Ian Thorpe Aquatic Centre

本日、午後から学校をサボって、友人と初めて行ってきました「Ian Thorpe Aquatic Centre

皆さんは覚えているでしょうか、、、「イアン・ソープ

2000年のシドニーオリンピックで水泳自由形で3冠、その後のアテネでも2冠を果たしたシドニー出身の水泳選手。

日本では、ヤクルトと共同開発飲料「THORPEDO (ソーピード)」を発表したり、テレビ朝日系のドラマに多数出演しているらしいですね。(知らんかった~)

そんな彼がUltimoに創設したプールにサウナ、ジム、フィットネススタジオ、スパ、カフェが含まれる複合施設が「Ian Thorpe Aquatic Centre」なんです。

入場料が高いと聞いていたので、今まで全く興味が無かったのですが、最近通い始めた友人いわく、プールだけなら学生証があれば$5とのこと。

と言うわけで、ようやく足を運びました。




で、オーストラリアの有料のスイミングプールに初めて来た訳なんですが、日本と違うのが、

①入館したら、いきなりプールで更衣室はその奥にある。なのに、みんな平気で土足。

②更衣室にロッカーが無い。→ プールの真ん前にある。(しかも$2で、お金が返ってこないタイプ)

③プールに入る前のシャワーが無い。

④左側通行。→ 息継ぎ右だから、反対側の人を気にしなくちゃいけない。

と、衛生上どうなのかと頭を傾げたくなるようなシステムも、、、

だって、トイレから出てきた人が、そのままプールに入ってるって、、、想像もしたくないね。


まぁ、コンプレインはそのくらいにして、久々の50m競技プールを眺望。


で、、、でかい!! しかも、みんな本気だし、、、


昔は、ウォーミングアップで最初にバタ足1000m、その後クロール1000mとか普通に泳いでたけど、左腕も折れてるし、去年1年何も運動してないし、体力無いしで、最初の平泳ぎ50mですでにグッタリ、、、

その後もタラタラ泳いでたけど、結局500mで力尽きました。

しかも、入館後わずか30分、、、

そう考えると、$5の入館料も高額だわ。(しかも、コインロッカー$2だし)

そんなこんなで、水泳って実はとってもハードなスポーツなんだと、20年越しに実感したのでした。


最後に、イアン・ソープと競演!