2013年08月15日

ロングホリデー回想記⑯ 香港

今更ですが、実は以前書いていた「クルーズシップ&日本旅行記」の続きが書き溜めてあったので、また回想記再スタートします。。。


彼氏が一人、日本からシドニーへ発ち、残った私は日本でのんびり~かと思いきや、今回私にはミッションが、、、

「歩けるうちに、もう一度海外に行きたい!遠くは無理で、台湾やシンガポールは行ったことがあるので香港!」

と、85歳の祖母が言うので、願いを叶えるべく行ってきました。


香港!


しかも、なんだかんだでみんな休みが取れてしまったので 家族大集合!

実は、父が16年前に2年間単身赴任していたので、私たち家族で行くのはこれで3度目。

16年前中国に返還前だったし、幼心で何も考えずに観光していたので、今回の香港滞在はすごく楽しみなものだった。

そして何より、家族で大ファンのドキュメンタリー小説「深夜特急」の最初の舞台で、最も熱い地と知った今、小説の中のあの熱気溢れるアジアの集大成香港を再び見たくて仕方がなかった。


到着後、まずはビクトリアピークへ。ここから香港の高層ビル群全てが一望できる。

ピークからトロッコで山を下ると既に闇、香港島から九龍半島へ夜景を望みフェリーで移動。

ぶらぶらしてたら、なんと「深夜特急」に出てきた「チョンキンマンション」が!!

香港にきたら絶対外せない「女人街」は革製品がバカ安で超楽しい!!

幼心にも衝撃的な風景だった「JAMBO」にも足を運んだ。景色変わってなくて安心。

でも、昔と大きく違うのが観光客の数、もはや閑古鳥。つわものどもが夢のあと、、、哀愁漂う。

風水で有名な寺にも。信仰深いツーリストが沢山で、日本人はつくづくミーハーなだけだと思った。

やるじゃん、香港!と今回の旅で最も感動したもの=マックのメニュー。シャレオツ!笑

そして!!今年1月にシドニーで出会ったアヒル隊長に、また会えるなんてカンゲキ!


と、わずか3泊4日だったので駆け足で、観光地を昔の思い出を蘇らせつつ回ったのでした。

以前はまだイギリス領だったので、もっと白人がたくさんいたような、、、

もっと英語が通じたような、、、

もっと景観が綺麗だったような、、、

と、思い出ってのは美化してしまうってのもあるので定かではないけれど、返還を機に

THE 中国」になってしまった気がする。(ちょっと寂しい、、、)

そう感じて香港人の友人らにも聞いてみたら、やはり返還後、中国人が香港に簡単に行き来できるようになったので、お金持ちの中国人が家を購入して、中国人口が増え、マナーが低下したり、、、と香港人もがっかりなんだそうだ。

16年ぶりに、何か見えない幻想と期待を抱いてやって来たが、もはやアジアだけでなく、いろいろな国を回り、世界を見て、文化を知って成長してしまった私たちには、あの「深夜特急」の主人公のような沸きあがる感動と驚きは、当たり前だが味わえず、むしろ心に空虚を作る結果となってしまった。

小説を追えたのは良かったが、主人公の気持ちがもはやわからなくなっている自分には少々寂しく感じた。

と、今回の旅は、大人になった自分を実感した旅になりました。笑

  


Posted by ミポリオ at 16:00Comments(2)旅行・ホリデー