2013年08月27日

Hair Donation



ブログ上では公言してませんが、今年の目標の一つに「髪を切る」っていうのがあったので、6年間伸ばし続けた髪を昨日切りました。

海外では、アジア人のロングヘアは無条件にモテるので、この海外生活年4年間で、なかなか思い切って切る事ができなかったのですが(ロン毛でいる理由を暴露。笑)、今年に入って「Hair Donation」の存在を知り、これなら絶対に後悔しない!!と思って、ついにやっちゃいました。

まず、Hair Donationについてですが、小児癌や白血病で髪を失った子供たちのウィッグを作ろうというチャリティー機関なのですが、オーストラリアのサイト「Princess Charlotte Alopecia Program」で調べたら、

① パーマやカラーリングしていない髪
② 35cm以上のロングヘア

と、なかなか条件が厳しいので半ば諦めていたのですが、日本のサイト「JAPAN HAIR DONATION & CHARITY (JHDAC)」を調べてみると、、、

① 31cm以上のロングヘア
② カラーリングしてても状態が良ければOK!

と、若干甘めなので、日本に送ることにしました。


そして、いよいよ断髪!6年間放置し伸びきった髪。ケアしなくても太くて丈夫なんです。

スタイリストさんにめっちゃ躊躇され、たかがカットに3時間も掛かったというボブショート。

そして毛束、、、多いでしょ。長いところで55cmくらい切りました。人生最長!

臍間際で、こぉ~~~んなに長かったのに、、、

Ikkoさんのような前下がりボブに。本当は刈り上げたかったけど止められました。笑


もう頭が軽くて軽くて、髪の毛サラサラで、嬉しくって仕方がない!!

頭洗うのも楽しみで待ち遠しいし、こんなに気分いいなら、もっと早くにやっておけばよかったと思うくらい!

人の役にも立てるとならば、なおさら嬉しくて仕方ない!!

お金を使わなくても、人を喜ばせることができるなんて最高だね。

ロン毛をお持ちの皆さんは、今後ぜひとも「Hair Donation」っていうものが世の中に存在するんだってことを覚えておいてください。

お願いしま~す!!


  


Posted by ミポリオ at 15:29Comments(2)日記

2013年08月21日

Sydney Aquarium 2013



日曜日にダーリングハーバーにある Sydney Aquarium に行ってきました。

というのも、誕生日に購入したマダムタッソーと、シドニータワー、ワイルドライフなどのコンボチケットに、アクアリウムも含まれているから!

上記の他にも、マンリーの水族館が含まれて、なんと $55!!

この日行った水族館だけでも通常$38、マダムタッソーが$28で、タワーが$26だから、ネットで購入すると相当オトク!

実はアクアリウムには、学校の遠足で2年前に一度来たことがある。

大きな鮫やジュゴンなんかもいて、まぁまぁ楽しめた記憶があるので、スキューバーダイバーの彼が楽しめるのではないかと期待して連れて行った。

が、水槽を覗く度に、「これ海で見た」「もっと大きいの海で見た」、、、

なんて言うので、ムードもへったくりも何もない。

鮫に関しても、パースの水族館では$150払えば鮫と一緒に泳げるらしく、すでに彼は経験済みなので全く興奮してなかった、残念!

まぁ、終始二人で「あ~、美味しそう、お腹空いた」なんて色気なく呟いてるカップルなんで、、、ね。


くらげさん、なぜかみんな下に向かって泳いでました。見てる分にはキレイよね。

ノコギリ鮫の内側が、彼氏にそっくりだと初めて気づいた瞬間!笑

目が細くて麻呂眉で、ビッグマウス、、、このブサカワ具合が似てる。笑

やっぱり水族館は癒されるね。


出口を出るとシーフードレストランがお出迎え!

お腹ペコペコで、今にもシーフードプラッター買いそうだったけど、水族館で魚食べるって、いったいどうなのよ!?ってな訳で、止めときました。

だって、あまりにも残酷、、、

これは、Aussieジョークなのだろうか、、、それとも本能!? はたまたバカ!?


  


2013年08月20日

ロングホリデー回想記(21) 台北



新竹を去り、5年ぶりの台北へバスで向かった!

夜に友人に会うまでは特に予定も無いので、昔の記憶を辿りながら市内散策。

とりあえずTAIPEI101に行ってはみたものの、市場と違って高いので全然購買意欲湧かず、とりあえずお腹空いたので台湾名物小論包でランチ。


鼎泰豊じゃないけど、普通に美味しかった。一個最初から転がってた。笑

前回行けなかった占い横丁を目指すべく、占いで有名なお寺行天宮へ!

なんと行天宮の地下にあったので、前回見つからなかったわけだ~。しかも、わずか10件弱。

円安で普段2000円弱なのに3000円もした、、、のに、運が良いから大丈夫って程度の占いだった。

夜は友人と3年ぶりの再会で、夜市に行ってきました。この活気がアジアよね~!

渡り蟹に、台湾ラーメン、台湾名物の白いカキ氷が美味しかった~!


翌日は両替が面倒だったので、歩いてフラフラ台北中央駅付近を散歩していたつもりが、最初から勘違いしていたらしく、気づいたら、西門町まで来てしまっていた!!

西門町は台北の原宿と言われるファッショナブルな若者が集う街で、5年前の滞在時にこの街のホテルを利用していたので、もう一度ここに来たかったんだけど、まさかこんな形で辿り着くとは!!


見た目も若干原宿チックの西門町。表参道では絶対に無いけどね。笑

この西門紅場っていうシアターが赤煉瓦で雰囲気あって素敵!


70円くらいのワンタンスープでランチ、安い洋服やコスメショップを冷やかす、、、、

アベノミクスでも、台湾は安くて旨くて楽しい!!


この感想に尽きます。

皆さん、円安で海外旅行、行くのも難しいし、行っても物価が高くて楽しめないし、、、ってのが、現状ですが、

あきらめてはいけない、まだ台湾があります!


ここはまだまだ楽しめるよ~!!


そして私、台北を発ち、ようやく日本に帰国。

母の七回忌と、歯の治療、友人との再会など、いつものように慌しい帰国1週間を過ごし、再びシドニーに戻りました。

久々の旅行回想記、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

チャンチャン。

  

Posted by ミポリオ at 16:00Comments(2)旅行・ホリデー

2013年08月19日

ロングホリデー回想記⑳ 新竹



香港を去り、次に向かったのが台湾。

実は、台湾にも日本語教師の仲間が2人いるということで、今回香港旅行のついでに立ち寄りました。

台湾は5年前に会社の先輩らと女子旅したという一匹狼風来坊の私にとっては、とっても珍しい旅の思い出の地。

まぁ、今回は一人だし、個人旅行だし、、、なので、前回のようにキャピキャピの楽しい旅行にはならないだろうけど、台湾も香港のように安いし、グルメ天国なので再訪が楽しみで仕方がなかった。

で、まずは台北の桃園空港に着いたわけだけど、そこからバスと新幹線を乗り継いで、新竹という街にやってきました。


英語が全く通じないし、漢字を読んでも発音全然違うから道を聞いても無駄。久々のサバイバル!

日本の新幹線を完全にパクったという台湾の新幹線。値段は10分の1なので有難い!

新竹の駅。赤提灯がノスタルジックで台湾キターーーー!って実感。


タイのホテルサイトAgoda.comで、毎回ホテルを予約するんだけど、ポイントもたくさん貯まってるので、今回新竹ではなんと800円で宿泊できた。

新竹は特に見所も無いんだけど、台湾ならではの露店やマーケットが小規模であるこじんまりした街。

いちおうSOGOとか大きいデパートもあるので、住むにはおそらく便利だと思われる。

で、この街で台湾人に日本語を今もなお現役で教えてる友人に3年ぶりに再会!

台湾ビールで乾杯し、台湾の居酒屋で舌鼓!


朝の5時まで店を3件梯子して、3年間の積もる話を楽しんだのだった。


で、実はもっともっといろいろ話したかったんだけど、朝5時を期になんだか体に異常を感じたので、「もう朝まで飲めない年齢になったんだな~」なんて、残念に思いながら別れを告げ、ホテルへ帰宅。

そして、ホテルに帰るやいなや嘔吐。

意外と飲んだんだな~なんて反省しながら、シャワーを浴びて床についた。

が、3日後に友人からメールで、、、

友人:「あの日、大丈夫だった?」

私:「実はホテルに帰ったら吐いたよ。意外と飲みすぎたね、、、」

友人:「俺、次の日腹痛くて病院行ったら胃腸炎だった。

!!!?

そうなんです、あの嘔吐はおそらく体に異物が混入したことによる拒否反応だったんです。

吐いた事によって、私は胃腸炎を回避できたと思われる、、、

東南アジアで旅慣れしてたので、台湾なんて清潔な方だから大丈夫!
なんて勝手に思ってたけど、やっぱり日本人ってのは清潔すぎて免疫力が無いから、旅慣れしたからって侮ってはいけないな~と深く反省したのでした。

ラオスに引き続き、またしても新竹で焼エビを注文したのが怪しい、、、
(めちゃくちゃ美味しかったんだけどね~)

とにかく、その後もしばらく台湾を旅してたので、食中毒にあたらなくて良かった~。
(友人には悪いけど、、、)

でも、まだ体が自力で拒否反応できることに安心してしまった。

というわけで、香港に引き続き、ここでまた初心に返れました。

  

Posted by ミポリオ at 16:00Comments(0)旅行・ホリデー

2013年08月18日

ロングホリデー回想記⑲ 香港でのミラクル



な、な、な、なんとっ!!!

香港のエアポートで、、、

沢木耕太郎にあったーーーー!!!

私の人生のバイブル「深夜特急」の著者なので、謂わば私のGod

深夜特急で主人公(沢木耕太郎)が、最初に訪れた熱い地が香港&マカオだったので、今回の香港&マカオ旅行でも我がファミリーで何度彼の名前が出たことか、、、(家族みんなでファン!)


その奇跡は、まず父が発見した。

父が、私たち兄弟がお土産ショッピング中に、軽く「さっきあそこで沢木耕太郎に会って話したよ」なんて言うもんだから、

「は!?沢木ってだれ!?」

みたいなノリだったんだけど、よーーーく冷静に考えたら、私のGodがここにいらっしゃっるって!?

で、どこどこどこ??って空港内を探しまわりましたよ。

でも、ぶっちゃけ顔なんて覚えてないから、父の言う白×青のチェックのシャツってだけの情報で走り回った。笑

ブックカバーのプロフィール写真だけで顔を覚えていた父が本物のファンだな、、、と感心した。

で、白×青のチェックの長身の男性発見!

勇気を振り絞って、「あの~ぉ、沢木さんですか?」って聞いたら、Yes!

で、結局家族総出で彼を囲み、いかに今まで「深夜特急」に触発されて日本を飛び出したか、未知なる土地をバックパッカーしたか、今回の旅で何回あなたの名前が出てきたかを無我夢中で話してた。

とにかく、腕が折れるほどのアクシデントをしても、自分を客観視できてしまうほど冷静な私が、握手したのも覚えてないくらい呼吸荒く、大興奮して話してたそうだ。笑

沢木さん、今回はマカオに半月滞在し、バカラを楽しみながら、それについての今秋発刊予定の次回作の原稿を進めていたらしい。

わざわざ手提げを地面に置き、そんなことまで話してくれて、とっても温和で物腰柔らかく、気さくな人だった。

「また好きになっちゃった~♪」

と、飛行機の中でつぶやいた父の気持ちに大賛成。

本当に素晴らしい人だった、こんな人と結婚したいと心底思ってしまったほど。笑

ドラマでは、大沢たかおが彼の役を演じていたが、長身で物腰柔らかそうで、まさにそのものずばりといった感じだった。

だから大沢たかおが演じてたんだ~と、今更ながら納得!

(ちなみにDVD持ってるから、シドニー戻ってから即効観ました。やっぱり最高!)


今回の奇跡は、まさに 引き寄せの法則!

旅中ずっと彼の名前が出てきてたのと、ファンが4人(我がファミリー)集まってたから、相当強い磁気が出てたんだろうな~。

なんだか歳を重ねるごとに、安定志向になってしまい、旅に対してあまり意欲(というかチャレンジ精神、冒険心)が湧かなくなっていたが、今回の事で初心に返った。

むしろ、これは初心を思い出せって事だったんだと思う。

ってことで、また意欲湧いてきたーーー!!!

次は、どこに行こう?何しよう??

まずは、お金貯めなくちゃな、、、


なんだか仲良しファミリーのようですが、こちら父ではなく沢木さんです。笑


  


Posted by ミポリオ at 16:00Comments(2)旅行・ホリデー