2014年06月27日

Chinque Terre




6月16日から始まった毎日9時間×3週間のインテンシブな入社前トレーニングなのですが、この日曜日に唯一の休日を頂きました。

ここはイタリア、せっかくの休みを疲れてるからってホテルで過ごすなんてもったいない!

ってことで、ジェノバから電車で南東へ1時間ほどにある Chinque Terre (チンクエ・テッレ)というユネスコの世界遺産に登録された街へ行ってきました。

「チンクエ」とは、イタリア語で「5」という意味で、「テッレ」とは「土地、場所」という意味らしいです。

そう、「チンクエ・テッレ」とは「5つの街」という意味で、そもそもトルコや他諸外国からの侵略を防ぐ為にできた Monterosso al Mare、Vernazza、 Corniglia、Manarola、Riomaggiore という5つの村のことなんです。

最初の街から最後の街までは約10㎞ほどらしいのですが、ブッシュウォーキングなので5時間ほど掛かるようです。

しかも、街を散策しながら歩くとなると一日じゃ足りないと言われましたが、運がいいのか悪いのか、今のシーズンは水嵩が高いので最初の街 Monterosso al Mare と2番目の街 Vernazza 間しかブッシュウォーキングできないとのこと。

が、このブッシュウォーキングが想像以上にハード!

Monterosso al Mare と Vernazza 間だけでも、アップダウンや形の揃ってない石の階段だったり、50cmほどしかない傾斜だったりと、ビーチサンダルやコンバースではとてもじゃないけど歩けないような大変な道のりで、2時間も掛かりました。

だから、迷うことなく2番目の街からはひと街ずつ電車で移動。

この街々が、まるでおとぎ話の中にいるように、カラフルでかわいい!


一番上の写真と同じく2番目の街 Vernazza 、個人的にはこの街が一番好きかも♪

海が本当に透明で、すんごいエメラルドグリーン!そして、イタリア人イケメンばっかり♬

4番目の街 Manarola、この街もよく世界の絶景で選ばれてる景色。

とっても賑やかで素敵な街!

海に面してるけど、岩場だらけで停船できないから、いちいち崖の上の街から吊り下げて降ろしてるんだよ。

どこを撮っても絵になるのよ。

ポパイとか本当にいそうだよね。



家々の間隔が狭いし、すんごい斜面に建っているので、車はもちろん、バイクや自転車すら街中では使えないので、住むとなるとめちゃくちゃ大変なのは簡単に想像できるのですが、ティレニア海のエメラルドグリーンの透明な海に、このカラフルな街々が存在することに感動!

こんな世界もあるんだな~と、忘れかけてた旅人魂が蘇りました。

それにしても、日本の海は何であんなに汚いんだろう?

同じ先進国でも、綺麗な海を持つ国なんてたくさんあるのに、、、、

と、子どものような疑問がたくさん湧いたのでした。

とにかく「チンクエ・テッレ」、めちゃくちゃ素晴らしい景観なので強くお勧めしますが、年を取ってからだとかなり大変なのも、今回身に染みたので、やっぱり世界を全て見たいなら、早く行動に移さないとな、、、と思ったのでした。