2014年07月03日

Genoa ジェノバ



今日は、私が今住んでるイタリア、ジェノバをご紹介!

ジェノバって、実はイタリア名で、英語ではGenoa(ジェノア)って言わないと通じない。

これ、なんなんですかね?日本って現地の名前を使うから海外で英語で道尋ねても全然通じないんだよね。

ドイツとか、英語でGermany でしょ。でも、ドイツ語ではドイツランドっていうんだよ。超面倒くさい!

さてジェノバですが、イタリアの北西部リグーリア州に位置し、ミラノから120㎞、ニースから156㎞なので、もうすぐお隣のフランス。

人口584,644 人で、ジェノバ出身の有名人はコロンブスだけじゃなく、何と安岡力也もらしい!笑

そんなジェノバの写真です、どうぞお楽しみあれ!


うちのホテルの隣のビルなんですが、ジェノバに来て最初に感動した建物。

通院路、黒と白の大理石の柱の上に教会が。古いのに斬新!

で、古い建物がそのまま使われてるので、ここはショッピングストリート。

市内にはすごい数の教会が点在してますが、中でもお気に入りの白黒の教会。

一番上の写真と同じく、ジェノバのセンター街「フェラーリ広場」。

こちらは宮殿の前。パノラマ写真が楽しすぎる街です。

ジェノバは港町で栄えたので、こんなトールシップや豪華クルーズ船が港に停船してます。

旧市街の入り口のゲート。ここの真ん前にコロンブスの家があります。

ゲートの後ろ側。コロンブスの家のチケットを買うと、このゲートにも登れます。(€3)

螺旋階段がかっこいい!ジェノバは城があるので、実際に使われてたと思うと興奮!

ジェノバ旧市街の眺望。日本やオーストラリアには絶対にない景色。

今でも、自分がイタリアに居るのが不思議で仕方がない。笑







↓ ブログランキング始めました。応援よろしくお願いします! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村   


Posted by ミポリオ at 15:00Comments(4)ヨーロッパ寄港地クルーズ

2014年07月02日

コロンブスの家



ジェノバの街を歩いていたら、コロンブスの家を発見しました。

コロンブスって、そう、あのかの有名な探検家 クリストファー・コロンブス!

そういえば、世界史の教科書に「ジェノバの毛織物商人の息子」って書いてあったな。


3階建てですが、一階はコロンブスの父親の商業スペースなので、実質2階スペース。

世界史の教科書で見るコロンブスの自画像とは若干異なるね。

9人家族なのに、6畳ほどのスペースが2つという狭さ!貧しかったんだね。

こちらは、コロンブスの家の隣にあった井戸。関係あるかどうかわからないけど、、、


コロンブスって探検家で航海士、さらには「コロンブスの卵」でお馴染みなので、頭の切れる冒険家だとイメージしてたけど、今回、コロンブスの家を発見して、興味を持ってウィキペディアで調べたら、初の奴隷商人で、インディアン大量虐殺で、、、とずいぶん残虐で、イメージとは大違い。

確かによく考えたら、アメリカを最初に発見したわけだから、そういう歴史があったのは間違いないだろうから、かなりイメージダウン。

アメリカンインディアンには今も嫌われているんだろうな。

ガリレオ・ガリレイの生まれ育ったピサに引き続き、イタリアは歴史上の偉人が多いので、世界史好きとしては、とってもロマン感じて刺激になります。

次の休みには10年ぶりにミラノに行きたいな。(休みあるかな!?)





↓ ブログランキング始めました。応援よろしくお願いします! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村   


Posted by ミポリオ at 15:00Comments(0)ヨーロッパ寄港地クルーズ

2014年07月01日

Self Survival Trainig



今日からトレーニング3週目。

先週までの2週間はオフィスや、マイクの設備が整った会議室などでの室内のトレーニングでしたが、今週からはフィジカルなトレーニングのため、会社外での研修。

今朝は、ジェノバ市内のプールで「セルフサバイバルトレーニング」と題した、船で万が一何かがあったときの、海の上での対処法のトレーニングでした。

こんなこと起こってほしくないんですけどね、、、

まぁ、訓練は必要なんで、、、

で、まずは水着の上からつなぎを羽織って、ライフジャケット装着。

最初の訓練は、3mのジャンプ台から飛び込むというもの。

3mって、下から見てたら大したことないけど、いざ台の上に立ってみたら結構恐い、、、

滞空時間が意外と長くてビックリでした。

というか、水中に落ちてからがスローモーションみたいだった。

一回飛んだら、もう平気だったので皆が怖がるのを尻目に二回目は5mに挑戦しました。


でも、いざ船から飛び込むとなると、最低でも15mだって、この訓練意味ないじゃん!


で、ライフジャケットつけての泳ぎ方や、怪我人を泳ぎながら運ぶ方法や、転覆したライフボートを一人で起こす方法や、ライフボートに一人でよじ登る方法などを訓練しました。

水で手が滑るし、水中では結構力が入らなくて、意外と大変でした。

プールで、これだけ大変だから、海の中となると、、、、恐ろしい。


これはHaddleと言って、助けが来るまでの待機方法。シンクロナイズドスイミングみたいだね。

転覆したライフボートを起こす、これが重くて大変だった~!

ライフボートに一人で乗り込む。これが一番大変だった、腕力めっちゃ使う。


まぁ、実践が無いことを祈ります、、、

今夜は疲れすぎたから、ぐっすり眠れそうだ。



  


Posted by ミポリオ at 15:00Comments(0)学校・研修