2015年03月09日

ティム・バートン(Tim Burton)の世界




大坂でたまたま見つけた「ティム・バートンの世界」、入場料1800円と高額でしたが、一緒にいた妹が独りでも行くというので、一緒に行ってきました。


運良く金券ショップで前売り券発見しました。300円お得!


実は私、高校時代から「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」が大好きでフィギアを集めたり、「シザーハンズ」に感動して、ジョニー・デップが好きになったり、、、とティム・バートンのファンだったんです。

でも、海外から帰ってきて日本の物価高に金銭感覚が未だつかめず、どうしようか迷ってたんですが、、、、

行ってよかった~!!

というのは、なんと作品数 500作品!!

彼の映画はもちろん、絵本や原画集なんかも今まで色々見てきたんですが、それでも見たことない作品多数!

ステインボーイ」や「ヴィンセント」などのフィルムも観れるし、本物の原画や映画まで行かなかったボツ案やお蔵入り作品もたっくさん!

で、昔に比べて英語も読めるようになってるので、彼の直筆の文章や手紙、皮肉なセンテンスなんかも理解できて感動!

一日中楽しめます!

ティム・バートン好きな方、ぜひ行ってください!

1800円でも、絶対後悔しません!(1500円しか払ってないけど。笑)

ちなみにこのエキシビジョン、オーストラリアではメルボルンで一昨年開催されていたようです。
東京では昨年11月に六本木でやってたみたいですが、日本では大坂がラストチャンスなのでお早めに!


オイスターボーイの憂鬱な死」の作品。彼の皮肉作品で育ったから、こんな皮肉なのかも、、、

エキシビジョンのためだけに作られた日本仕様のグッズもたくさん!


  


Posted by ミポリオ at 13:00Comments(0)おすすめ