2015年03月31日

Palma de Mallorca (パルマ・デ・マヨルカ)



西地中海のバレアレス諸島の中心となるスペインの島、パルマ・デ・マヨルカというのは「マヨルカ島のパルマ」という意味です。

英語では「マヨルカ島」と言いますが、日本語では「マジョリカ島」と呼ばれていますね。

3640平方キロメートルの大きさで、年間300日が晴れで、オリーブやアーモンドの木々が生い茂る自然が豊かで美しい島なので、イギリスやドイツ人が多くバカンスに訪れ「地中海の楽園」と呼ばれ、日本のハワイのような存在で、島ではスペイン語に加え、英語やドイツ語が話されています。

まずは、港からバスで10分の丘の上には、ベルベル城があります。

ベルベル城とは「眺めの良い城」といい、名前の通りお城からはパルマの町が一望できます。


もともとは離宮だったが、その後は監獄として使われていたようで、今は空っぽ。(見学可)

お城からは港も眺望できます。


港からバスで15分(歩くと45分)で、パルマの町の中心に辿り着きます。

目印は、1230年に建設が始まり、1601年に完成したという壮大なカテドラル(大聖堂)

出来た当初は窓もなく、大聖堂内は真っ暗で、さまざまな国の教会から贈り物が贈呈され、堂内にまとまりが無くて困った司教がかの有名なアントニオ・ガウディを呼び、大聖堂の改築・改装を依頼して、今の大聖堂になったようです。

ガウディは、まず真っ暗な大聖堂内に大きなステンドグラスの窓を作ったり、キャンドルホルダーや装飾を作ったそうです。

そのお陰で、いまでは大聖堂内は豪華で優美で偉大な雰囲気に。

贈答品も違和感無く、大聖堂内に収められています。


巨大なカテドラルの横には元要塞だったアルムダイナ宮殿が並んでいます。

この巨大なステンドグラスもガウディが設えたもの。あるとないとでは全然違うね。

中央祭壇上の鉄製の天蓋飾りもガウディ作。ここもガウディワールドです。

カテドラルからの景色。すぐにはビーチが、遠くには私の働くクルーズシップも見えます。

夜にはアルムダイナ宮殿がライトアップされます。


カテドラルを東に行くとビーチがあります。

日本よりは、もちろんずっときれいですが、マヨルカの周りにある島に比べると、人口が多いせいかだいぶ汚染されています。


ヨーロッパのハワイ。でも、私は本物のハワイの方がハワイらしくて好きだな。

ビーチだけじゃなく、こんなオシャレな空間で素敵なイケイケな音楽を聴きながら日光浴も楽しめます。


カタマランという平たい海水浴用のボートで沖に出て楽しむというツアーもありました。

パルマの島を沖から見るというのもなかなか面白い!

ただし、泳ぎが苦手な人は浮き輪を持っていかないと、ボートから飛び込むとすぐに深いので、お気をつけて!


波しぶきを楽しみながら移動するカタマランボート。ヨーロピアンには大人気!

いつもは島から眺めるのに、今回は島を眺めることになります。

私は昔、水泳選手だったのでボートからビーチまでいつも泳いでました。


そして、スペインと言えば 闘牛場!

シーズンではなかったので牛はいないので、パルマ闘牛場はいつでも無料で見学が出来ます。


炎天下、椰子の木、闘牛場!=熱い(暑い)しかない!!

緊張の瞬間!ここから牛たちが入場します。

私は初めての闘牛場だったので、牛がいなくても感動しました。いつか観たい!


郊外には、Son Amor(ソナマ) という、昼間は芸術的なフラメンコのショー、夜はシルク・ド・ソレイユ並みのパフォーマンスや、ラインダンス、コサックダンスに、前衛的なフラメンコなど世界中のダンスやパフォーマンスを楽しむディナーショーのシアターがあります。

お料理も美味しいし、何と言ってもパフォーマンスがすばらしい!

お時間に余裕がある人には是非行ってほしいものです。


スペインまで来てなぜダンスショーと疑うかもしれませんが、騙されたと思って行ってみて!

敷地に入ると馬がお出迎え!

こちらは昼間のフラメンコショー、情熱的で本当に素晴らしい!バルセロナで観るより良いって!

昼間はタパスとシャングリア飲み放題!スペインが味わいたい方には最高のツアー!

夜はコース料理とお酒の飲み放題です!ショーも最高に素晴らしい!


マヨルカ島は自然がいっぱいということで、ビーチだけじゃないって事をご紹介しましょう。

パルマから東へ68kmの郊外へ行くと、ドラゴン鍾乳洞(Coves del Drach) があります。

この洞窟は、地底湖としては世界最大級というマルテル湖があり、その湖でボートに乗ったミュージシャンがクラシック音楽を奏でます。

鍾乳洞に囲まれて聞くミュージックで、さらに幻想的な雰囲気に包まれます。


真夏は外気がとても暑いので、鍾乳洞に入ると生き返ります。

圧巻の鍾乳洞。これだけでも大満足ですが、ここには更に見所が。

湖の水の色が嘘みたいなエメラルドブルーで感動的な美しさ!

湖での演奏会!もはや神々しさを感じる瞬間も!

演奏が終わると、出口まで船に乗って鍾乳洞が楽しめます。


パルマから北へ18kmの郊外には、音楽家のショパンと小説家のジョルジュ・サンドがショパンの療養の為に訪れたバルデモッサ(Valldemossa) があります。

人妻であるサンドとショパンの道ならぬ愛、その彼らがひと冬を過ごしたカルヨゥハ修道院の周りには石を積み上げた可愛らしい家々が連なる素敵な街でした。

夏は観光客で恐らくすごい人で溢れるのですが、冬はめちゃくちゃ寒くて、レストランやお土産屋さんが各2店舗ほどしか開いてないし、住民は人っ子一人外にいないので、できれば夏に来ることをオススメします!


バスに乗っていると山の間から、突然こんな可愛らしい村が現れるんです。

これがショパンが療養していた修道院。周りはバラ園になって、いかにも愛の逃避行って感じ。

修道院には教会と、修道女たちが寝泊りする宿が繋がっていました。

ショパンはここで名曲「雨だれ」を、サンドは「マヨルカの冬」という作品を残しています。

この4号室がショパンが療養していた部屋。

ショパンの所用していたものが展示されています。

ショパンが弾いていたピアノ。私の亡き母が大好きだったショパンのピアノで大感動。

ショパン直筆の作曲した楽譜。母をここに連れてきたかったと心底思った。

冬だったので、木々は丸裸で葉が強風に舞っていました。

でも、冬がとってもよく似合う町だとも思えた。とにかく小さくて可愛らしい。


沖縄の3倍もの面積があるので、他にも見所満載です!

そのほかには、パルマは淡水真珠でも有名なので、パールを安く購入できるのでお土産にぴったり!

パルマハムももちろんパルマ名産なのでご賞味下さい!


もちろんスペインなのでスペインのお土産も手に入ります!



  


Posted by ミポリオ at 13:00Comments(0)ヨーロッパ寄港地クルーズ

2015年03月30日

世界の船窓から〜①バルセロナ

「世界の車窓から」の」完全パクリのタイトルです。

素敵な景色を更に素敵に加工しております。

これがバルセロナだーーー!!!

是非行って、直に観ててください。


心を透視されました。(ランブランス通り)

ミロを観ろ!(海沿いのサイクリングロード)

大好物です♪(海沿いのサイクリングロード)

未来のアイドルたち。(カタルーニャ広場)

メロメロ。。。(セント・ジョセップ市場)

ジーザス。(スペイン村の中の教会)

その母。(モンセラット)

やさしい森には神話が生きている~(サグラダファミリア)

ジーザスを探せ!(サグラダファミリア)

英語でジーザスっていう意味。(サグラダファミリア)

レディー・ガガじゃないよ。(グエル邸)

だから好きなんだよね、バルセロナ!(コロンブスの塔の近く)


  


Posted by ミポリオ at 17:00Comments(0)クルーズ寄港地写真集

2015年03月29日

BARCELONA(バルセロナ)



日本の帰国日記ばかりになってました、すみません。

というのも、ヨーロッパの寄港地ブログで、サヴォナモナコ公国と来て、さっそくバルセロナになってしまい、バルセロナは見所がありすぎて面倒になってました。

なので、詳細を書いていたら何年経っても終わらないので、サクっといきます。

実は私、スペインには1ミリの期待もしていなかったのですが、終わってみれば

一番好きな都市=バルセロナ!

ここにだったら、永住できる気がします。(他のヨーロッパの都市には住みたいとも思わない)

クルーズで、かれこれ35回はバルセロナに寄港しましたが飽きたことないです!

なので、オススメしたいことがたくさんあるのですが、それはクルーズブログで寄港地を1周分書いてから(書けてから)にします。(いかんせん終わらない)

まずは、ツアーでだいたい最初に行くのが、モンジュイックの丘


バルセロナの街が一望できます。

かの有名なガウディのサグラダファミリアもここから見えます。(右端)


この丘を下ると、スペインの建築が一度に全て観られるという スペイン村 があります。
(入場料12ユーロ)


建物だけでなく、スペイン全土の工芸品やお土産を購入したりお食事も楽しめます

スペインの建物が一気に見られるので、建築好きにはオススメです!

スペイン村を更に下ると夜の噴水ショーで有名なカタルーニャ美術館があります。


サッカー好きには堪らないでしょう FCバルセロナ!!

船は夜には出港してしまうので、試合には行けませんでしたが、日中はスタジアム内、それも選手が使う控え室や会議室、マッサージ台や祈りの部屋なんかも観覧できるんです。

で、選手が入場するゲートからグランドに入場できるんです!

最後には選手のユニフォームやシューズが飾ってあるミュージアムにもなっていて見応え充分!

ラッキーなことに、私はクルーズのエクスカーションで行くことができました。


サッカーファン必見のFCバルセロナのスタジアム。

選手のユニフォームも購入できます。

スタジアム内。スペインで一番大きいらしい。

グランド、観客席、実況席も行けるんだけど、階段でかなり歩くので歩きやすい靴で!


そして、バルセロナの観光地といえば、ランブランス通り


コロンブスの塔が目印で、ここからランブランス通りが始まります。

並木道の間が遊歩道で、昔からの花屋さんや本屋さん、お土産やさんが立ち並ぶ賑やかな通り。

バルセロナはミロのゆかりの地でもあるので、街中で彼の作品が多数見られます。

ランブランス通りの突き当りには、待ち合わせのメッカであるカタルーニャ広場があります。

ランブランス通りの東側のバルセロナの中心地区であるゴシック地区には雄大なカテドラルが。

カテドラルにも圧巻ですが、扉だけでもその技術に息を呑みます。これが日常って言うのが凄い!

こちらは、面積31ヘクタールのシウタデリャ公園。1888年に万博が開催されたらしい。

ガウディ以上に名声を当時博したドメネク・イ・モンタネールの カタルーニャ音楽堂

その近くには、展示作品数世界一のピカソミュージアムがあります。

ここはピカソが足しげく通っていたという「クアトロギャッツ」4匹の猫という名前のカフェ。

地元の人にBoqueriq(ボケリア)と呼ばれる市場 サン・ジョセップ市場

新鮮な肉や魚、野菜に果物が、市場内にはバールもあって新鮮なスペイン料理も堪能できます。

外国的なカラーで、可愛らしく魅惑的なお菓子もいっぱい!

スペインのお土産もここなら簡単に見つかります♪


バルセロナと言えば、ガウディでしょう!

ガウディの代表作と言えば、サグラダファミリア

1882年に着工が始まり、翌1883年にガウディに引き継がれたこの教会、内戦による破損や資金不足でなかなか工事が進まないようだけど、2026年のガウディの死後100周年には完成予定との事。

バルセロナに来て、この偉大作を見ないわけにはいかないでしょう。


この写真は自転車ツアーでサグラダファミリアまで来たときのもの。

アントニオ・カウディ。バルセロナが彼をあそこまでサイコでぶっ飛ばせたのでしょう。

そして、これがサグラダファミリアの中です。森をイメージしたというのが、よく分かりました。

完成模型。白い部分はまだ未完成、、、ってまだ半分以上もあるけど、2026年って!!(無理でしょ)

4本の鐘楼で驚くことなかれ!まら170m以上の一番高い鐘楼も出来ていないのだ!


そして、ガウディが夢の都市として取り掛かった グエル公園

パトロンのグエル氏と構想したバルセロナを一望できる田園都市の計画は、残念ながら資金不足で中断されたそうです。

以前は公園の入園料金は無料だったそうですが、今は10ユーロほど掛かったような、、、(しかも長蛇の列なので覚悟必須)


ここが有名な中央広場に続く大階段。

そして、数々の映画にも登場する大広場。私はスパニッシュアパートメントが好きなので大感動!

大広場からバルセロナ市内を見下ろす眺望。並ぶ2軒の家がまるでおとぎ話の家のよう。

そして、ここがガウディの暮らした家、今はガウディ博物館。別料金で7ユーロ掛かります。


サグラダファミリアが「森」をモチーフに設計された教会で、このカサ・ミラは徹底的に直線を排除し、全て曲線で設計された「山」をモチーフとした建物。

石を積みあげたような建物なので、石切り場を意味するラ・ペドレラとも呼ばれています。
(入場料20.50ユーロ)


クリスマスバージョンのカサミラ。2014年の夏は修復工事でずっとまくが掛かっていました。

カサミラの全貌。100年前に既にこんな独創的な建物があっただなんて信じられない!

屋上にはたくさんの突き出た煙突が!室内もドアも何もかも全てが曲線で面白い建物です。


そして、「海」をイメージして設計されたガウディ最後の増改築作品 カサバトリョ
(入場料18.50ユーロ)


バルセロナのシャンゼリゼ通り グラシア通り はモデルニスモの建築の宝庫。

バルコニーが髑髏のように見えるので、地元民には「ドクロの館」とも呼ばれていたそう。

色とりどりのタイルやガラスで、本当に海中にいるかのようなカラフルな概観。

こちらもカサ・ミラ同様屋上が素敵!


バルセロナから北西に53mというバスや電車で1時間強の田園風景の郊外には、スペイン全土から巡礼者が訪れるカタルーニャの聖地である岩山が聳え立つモンセラット という町があります。

モンセラットとは「のこぎり山」という意味なのですが、行けばその意味がすぐに分かります。


ドドーーーーン!!でしょ?名前の由来がすぐ分かるでしょ!?

大聖堂に向かう途中には、お土産屋やレストラン、ホテルが立ち並びます。

かの有名なナポレオンもここを訪れ、このすばらしい教会堂を爆破。考えられない罰当たり者め。

概観は雄大で、内観は優美、心奪われます。敷地内には美術館もあります。


以上、まだまだバルセロナには見所いっぱい!

都市も建物も斬新で、それが100年前に設計されたというのが本当に驚きなくらい視覚的に刺激的な街。

そして、何と言ってもスペインなので、日本でも流行のファストファッションの聖地。
日本で大人気のファストファッションのブランドの多くは、スペインが発祥なので更にお買い得!

バル(Bar)もたくさんで安くて美味しいので、本当に飽きません!

ヨーロッパに向かわれる方は、是非スペイン外さないように!!

  


Posted by ミポリオ at 13:00Comments(0)ヨーロッパ寄港地クルーズ

2015年03月28日

サボテンファーム

私の地元愛知県春日井市は、なんとサボテンの生産量日本一。

そもそも、海外から輸入されたサボテンの養殖が成功した地らしいのです。

なので、最近ではゆるキャラが誕生していたり、サボテンラーメンやサボテンアイス、サボテンビールもあるんだとか。(まだどれも食したことがありませんが、、、)

この日は、大学時代の友人がわざわざ地元まで遊びに来てくれたので、一緒にサボテンファームに行ってみました。


ゆるキャラ、左から春代、日丸、井之介で3人合わせて「春日井」だって!

大きなサボテンから小さなサボテン、世界中の色々なサボテンが勢ぞろい!

まん丸で可愛いけど、こちらかなり大きいサボテン。

友人も育成中なので、まだまだ売り出しできない非売品です。笑

有名人もたくさん来てるみたいですが、テレビ見ない私には分かりません。。。


来週の日曜日にはサボテン祭りも開催されるそうなので、参加してレポートします!

  


Posted by ミポリオ at 15:07Comments(0)一時帰国日本

2015年03月26日

ミシンゲット!



タイトルどおりミシンゲットしました!

本文に入る前に、ちょっと雑談、、、

というのも、宅配時間を12-14時に指定したのに、18時頃に宅配が来て、配達員の第一声、、、

「この時間の方が良いと思って。」

・・・・!!!??

すごいぞ、何この言い訳?

確かに日中出かけてたので、この時間で良かった訳だけど、、、、

そんなの知らないでしょ、配達員!?

それとも、テレパシー!?

とにかく面白すぎて、笑っちゃいました。

で、「この時間で良かったです!」って言っちゃったもんね。

いっや~、日本人もイタリア人みたいになってきたね。

恐ろしいわ、日本。笑


さて、本文に戻りますが、、、

日本に戻ってきたので、母のミシンを使っていたのですが、どうも調子が悪い、、、

ミシンエキスパートの私でさえ、もう手に負えない、、、

ということで、思い切ってミシン買っちゃいました。

ネットで調べてみたら、お手ごろミシンがわんさか、さすが日本!

で、選んだのが brother のコンピューターミシン。

そう、初めてのコンピューターミシン、しかも2万円以下。

さらには、工業用ミシンでもないのに、デニムの重ね縫いもラクラクという馬力!

もちろんコンピューターミシンというけれど、、ネットサーフィンやメールなんかはできませんが、すごいハイテクノロジー!

既にミシン購入に一ミリの悔いもない!

ミシンの調子を伺うべく、クッションカバーとか作ってみたけど、スムーズで最高!

で、このホリデー1ヶ月で実家を大掃除しているので、せっかくなので実家に眠る死んでる家具たちを蘇らせるプロジェクトを開始!

その名も Revival Project!! (リバイバルプロジェクト)


最初は、洗濯ハンガー置きになっていた籐の椅子を蘇生!

次に、棚の暖簾と壊れた簡易イスを可愛らしく蘇生!


花柄の布は、昔買った全く使ってないベッドカバーで、エスニックな布は父と母がシンガポールで暮らしていたときに使っていたテーブルクロスなど、材料は全て家にある物なので製作費用無料!

この調子で、家に眠る家具たちをどんどん蘇らせていきたいと思います!

  


Posted by ミポリオ at 21:00Comments(0)クラフト・趣味・サークル