2014年03月31日

Cruise Holiday ③Lifou Island



南太平洋諸島周遊クルーズシップの旅ですが、Noumeaの次は、またまたニューカレドニアの島 Lifou Island(リフー島)

この島は浅瀬に囲まれているので、船が島に直接着けないので、沖から水上タクシーで着陸します。


25人くらい乗れる水上タクシーで順々に着陸。

桟橋に着いたら、そこはハワイアンブルーの世界♪♪



リフー島は観光地化されておらず、ニューカレドニア本来の素朴で雄大な自然が楽しめるとのこと。

抜群の水の透明度で、ソフトコーラルがシュノーケリングで簡単に見えると聞いたので、期待も大!

そこで、クルーズシップのオプショナルショアツアーである Jinek Bay のシュノーケルツアーに参加。

このJinek Bay は、午前中100人、午後100人の合計200人しか一日で入海できないという限定されたベイ。

というのも、もちろん環境汚染を極力防ぐため。


すごくきれいだけど、やっぱり10年前に比べると比較にならないほど魚が少ないそう。

見よ、この青い海を!

ダイビングしなくても、すぐ5m先にはカラフルなコーラルが広がってて、魚もたくさん!

シュノーケルを終えて、次は船から見えた丘の上の教会(ノートルダム)に向かうことに。

わずか80mほど階段を上がればいいのに、いかんせん直射日光がキツイ!でも、景色は最高!

階段を上り切ったてっぺんには、青い空に栄える真っ白なかわいらしい教会が在りました。

中がこれまた可愛らしい♪ 驚いたことに、フランスの重厚感溢れる教会とは大違い!

まるで絵のような世界!



その後、まだまだ時間もあるので街にに向かうことに。

地図も何のインフォメーションもない私たちは、たぶん歩いて島を一周できるだろうと軽く考えて、いざ出発!

これが大きな間違いだった。。。

出だしは何も知らないので、ルンルン気分で島のもの全部に感動していたんだけど、歩けど歩けど街らしい雰囲気が感じられない。

二手に分かれた道を見つけ、そこで立ち往生していたら、車に乗った島民に声を掛けられ、実はこの島、全長100Kmはあるとのこと。

そう、日本の沖縄本島ほどの大きさだったのです。

で、ポートに戻ってシャトルバス(A$5)に乗れば、街に着けると聞いたんだけど、すでに30分は歩いていたので、お腹すいたし面倒くさい。

渋ってたら、島民のおじさんが家に帰る途中に良いレストランがあって、ローカルフードが食べれるよっていうもんだから、ヒッチハイクさせてもらいました。


なんと茅葺屋根の家!これ、模型じゃなくて実際に使われてるんです。

こんな現代的な家にも、茅葺屋根の小屋が、一家に必ず一つありました。何のため!?

しばらく歩くと、またまた教会発見!

この教会もパステルカラーで可愛らしい。フランスっていうよりポルトガルとかの雰囲気。

二手に分かれた道発見、さてどっちに行けばいいのか、、、、結局どちらも不正解だったけど。

この STOP マークの指示に従ってたら良かったのに、、、

で、運よく英語の喋れる親切な島民がヒッチハイクしてくれ、とりあえずレストランに向かうことに。

車で15分ほどぶっ飛ばしてたどり着いたレストランは、雰囲気も良く、スタッフも親切で一安心。

で、メニューがフランス語なので分からないから、とりあえずスペシャルを注文。これな~んだ?

実は、島のそこら辺に栄えてる草の若葉の炒め物。なんとなく日本食のような懐かしい味でした。

スペシャル2つ目は、ロークックのオムレツと、さっきの草と芋と芋と、違う芋と、さらに違う芋。薄味。


なんとこの2皿で、A$28!

高いでしょ、だって全部そこら辺で取ってきたやつ、言わばコストフリー。

でもまぁ、ローカルフード堪能したかったし、スタッフも英語しゃべれないのに、頑張って何か伝えようとしてくれたし、プライスレスってことで、良い経験になりました。

ロークックの玉子食べるのには、大分勇気要ったけどね。

で、気分良くして、散策開始!

さっきのヒッチハイクのおじさん曰く、島を回るには島民をヒッチハイクすれば良いって簡単に言うもんだから、簡単に車が捕まるもんだと思って、ポートとは反対方向の道を歩き始めました。

でも、歩けども歩けども、車が通らない、、、

なんと2時間半。

なんと観光バや車でしかツーリストは向かわないビューポイント、jokin の絶壁に辿り着いてしまった。

ここには、絶対インフォメーションセンターがあるはずだと思って、安心したのもつかの間、、、

誰もいない。

観光バスも、ツーリストのレンタカーもない。

で、絶景だけ拝んで、船の出発時間を懸念してさっさと同じ道をUターン。

なんと帰り道も車が通らなかったという地獄を味わったのでした。

で、島での自由時間ぎりぎりまで歩き続け、なんとかポートに到着。

とりあえず、船に間に合って良かった~!

だって、電話も何も無いからね。誰も探してなんてくれないでしょう、、、

と、素晴らしいアイランドエクスペリエンスになりました。


炎天下の下、飲み物も無く、丘を越え、森を越え、歩けども歩けども道は続いたのだった、、、

またまた教会発見!電線が見えた時のあの嬉しさ。でも、人っ子一人見つけられなかった、、、

辿り着いたジョーキン絶壁、素晴らしい!けど、期待した観光客はいず、、、誰か助けて、、、

で、急ぎ足で戻り、何とかたどり着けたポートでは、有意義にビーチで遊ぶパッセンジャー達。

ここでのんびりするのも、アリだったな~と半分後悔と、半分達成感を抱え、再び船へ。

最後は、島の子供たちとハイタッチして、リフー島に別れを告げたのでした。

この海に別れを告げるのは本当に惜しい、、、






同じカテゴリー(旅行・ホリデー)の記事画像
Cruise Holiday ②Noumea
Cruise Holiday ①ダイジェスト
ロングホリデー回想記(21) 台北
ロングホリデー回想記⑳ 新竹
ロングホリデー回想記⑲ 香港でのミラクル
ロングホリデー回想記⑱ マカオ
同じカテゴリー(旅行・ホリデー)の記事
 Cruise Holiday ②Noumea (2014-03-29 20:58)
 Cruise Holiday ①ダイジェスト (2014-03-24 20:25)
 ロングホリデー回想記(21) 台北 (2013-08-20 16:00)
 ロングホリデー回想記⑳ 新竹 (2013-08-19 16:00)
 ロングホリデー回想記⑲ 香港でのミラクル (2013-08-18 16:00)
 ロングホリデー回想記⑱ マカオ (2013-08-17 16:00)

この記事へのコメント
凄いブルーとグリーン!
でも、景色どころではなかったかな^^;)
そのチャレンジ精神に乾杯ですww
Posted by まむもむ at 2014年03月31日 18:35
みほちゃんといると歩く!ってイメージ
船に間に合うかハラハラしちゃった
Posted by ぴぃちゃん(なべ) at 2014年04月01日 00:24
なべ

うん、昔からよく歩いてたからねー。10kmとかはお茶の子さいさいだからね。
船間に合って良かったよー!
Posted by ミポリオミポリオ at 2014年04月02日 21:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Cruise Holiday ③Lifou Island
    コメント(3)