2015年02月24日

MONACO(モナコ公国)



サヴォナからバスで高速道路を約2時間西へ走り、イタリアを越え、フランスを跨ぐと辿り着く モナコ公国(Principality of Monaco)。
モナコは立憲君主制国家で、首都モナコ市が全領土となる都市国家で、世界で2番目に小さいミニ国家。
カジノやF1モナコグランプリ、WRC・ラリー・モンテカルロが開催されることで有名です。
ということで、街の普通のストリートの縁石が赤と白なら、もうそこはF-1レースのコース!

また、モナコはタックス・ヘヴンとして知られ、世界中の億万長者が移住しているので豪邸ばかり!
日本人有名人では、テニス選手のクルム伊達公子や元サッカー選手の中田英寿、F-1レーサーの佐藤琢磨や鈴木亜久里がモナコの永住権を持っているそう。

もともとは岩だらけで何もない国だったのが、岩を切り開き大地を作り、土地を他国の人間に売却しお金を集め、カジノを造って生計を立てたというのが、モナコの始まりらしい。

でも、これだけでは観光客は集まらないので、F-1を始めたりしたらしいんだけど、ブームに火が付いたのはやはりアメリカの大女優グレースケリーがモナコのプリンスと結婚したというシンデレラストーリーで、アメリカ人観光客が一気に増えたとのこと。


王政国家なので、未だに稼動してる王宮があり、その周りは下町的な昔ながらの街並み。

カラフルでオシャレでかっこいい!タックスフリーなので、もちろん消費税もなし!(でも物価高し)

F-1が有名なので、お土産はもちろんF-1それもフェラーリTシャツばかり!

モナコ大聖堂。グレースケリーはここでレーニエ3世と結婚されました。

なんとここで一般人も無料で結婚式が挙げられるそう。フランスのカウンシルにお尋ね下さい。

大聖堂の横のかっこいい建物。

そしてこちらが王宮。正午ごろに衛兵交替式があるので、人でいっぱいに!

王宮広場のパノラマ。

王宮よりも西側部分。空と海の青、緑と黄色いビル群と白いヨットがポストカードのよう。

再びバスに乗って今度はモンテカルロ地域へ。ここはF-1で有名なヘアピンカーブ。

ヘアピンカーブの階段を上がるとカジノへ。このホテルはチャーチル英首相が泊まったというもの。

カジノエリアのパノラマ。リムジンがさらにストレッチしてしまった。w


まさか自分の人生でこんなリッチな国に来られるなんて思ってもみなかったので大ハシャギ!
F-1好きのお父さんや、車好きの弟にも即メール。

いっや~ぁ、この仕事に就けて本当に私はラッキーだわ♪




同じカテゴリー(クルーズ)の記事画像
Toulon(トゥーロン)
世界の後姿 ②
世界の後ろ姿 ①
世界の自転車のある風景
そろそろクルーズについて書こうかな
Ibiza (イビザ)
同じカテゴリー(クルーズ)の記事
 Toulon(トゥーロン) (2015-09-29 15:00)
 世界の後姿 ② (2015-09-17 15:00)
 世界の後ろ姿 ① (2015-09-16 15:00)
 世界の自転車のある風景 (2015-09-15 15:00)
 そろそろクルーズについて書こうかな (2015-09-12 15:00)
 Ibiza (イビザ) (2015-04-29 17:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
MONACO(モナコ公国)
    コメント(0)