2015年03月01日

世界の車窓、もとい船窓から~



帰国して2週間が経ちました。

大してブログも更新していませんが、既にブログ更新に若干嫌気が差しているので、今日はちょっと休憩。

毎日13時間労働、契約期間中一日の休みも無いという過酷な船上スタッフでしたが、最後の最後まで船から眺める夕日には感動できる心はありました。

この美しい景色があるからこそ、頑張れたといっても過言ではない!

しかも、地中海の上となると感動もひとしお。

まだ仕事復帰はしたくないですが、船生活は段々恋しくなってきました。。。



こちらは別の日です。





同じカテゴリー(クルーズ)の記事画像
Toulon(トゥーロン)
世界の後姿 ②
世界の後ろ姿 ①
世界の自転車のある風景
そろそろクルーズについて書こうかな
Ibiza (イビザ)
同じカテゴリー(クルーズ)の記事
 Toulon(トゥーロン) (2015-09-29 15:00)
 世界の後姿 ② (2015-09-17 15:00)
 世界の後ろ姿 ① (2015-09-16 15:00)
 世界の自転車のある風景 (2015-09-15 15:00)
 そろそろクルーズについて書こうかな (2015-09-12 15:00)
 Ibiza (イビザ) (2015-04-29 17:00)

この記事へのコメント
乗客として参加すれば、さぞリッチな気分を味わえるのでしょうが
それを支える裏方の苦労の上で成り立ってるんですねー。
Posted by kazukikazuki at 2015年03月02日 09:49
>>Kazuki さん

そうなんです。
特に私の船はイタリア船で地中海の航路なので、イタリア人やスペイン人の若いカップルやファミリーが多いので、イベントやパーティが多く、夜遅くまでみんなワイワイしてるので、お客さんとして来ればさぞ楽しいんでしょうが、スタッフはさらに遅くまで起きてないといけないので大変でした。

北ヨーロッパとかアジアの船だとお年寄りが多いし、アジア人のお客さんが多いので寝るのが早くて楽と他のスタッフが言ってました。笑
こんな具合で、一言でクルーズシップと言っても、会社にもよるし、船によっても違うし、航路や客層によっても違うので、いろいろ勉強になります。

次回はぜひおとなしい航路に行きたいものです、、、笑
Posted by ミポリオミポリオ at 2015年03月02日 21:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界の車窓、もとい船窓から~
    コメント(2)