2015年09月12日

そろそろクルーズについて書こうかな

さて、クルーズファンの皆さんには随分お待たせしてしまいましたが、前回のクルーズのお仕事に着いて書こうと思います。

私のお仕事については、既に以前のブログにて紹介済みなので、気になる方はそちらご覧下さい。


今回の船内での写真。予告無しに突然撮られたのでスーツ皺くちゃ。スーツケースから出してすぐ。



4月から始まった新しいコントラクトですが、今回はまず日本からイタリアのサボナへ飛び、そこから北欧に向かって17日間のポジショニングクルーズ が始まりました。

航路は、サボナ(イタリア)-トゥーロン(フランス)-バルセロナ(スペイン)-カディス(スペイン)-海上-リスボン(ポルトガル)-ヴィーゴ(スペイン)-海上-サウスハンプトン(イギリス)-海上-アムステルダム(オランダ)-海上-コペンハーゲン(デンマーク)-海上-ヴァーネミュンデ(ドイツ)-海上-ストックホルム(スウェーデン)

という9ヵ国11港という大航海で、めちゃくちゃラッキー!

というのも、いったことの無い国ばかりだったので ♪

しかも、17日間クルーズなんて日本人のお客様いるわけない!(日本人のお客様は7日間クルーズがほとんど)

ということで、毎日エクスカーションに参加してました。(だって他に仕事が無いから。笑)


各寄港地のブログは後日少しずつ
アップしていきますのでお楽しみに!




私の乗っていた船の航路の広告はもう無いので、来年の広告で想像してみて下さい。

似てますが、私は17日間だったのでもう少しのんびりって感じですね。


ストックホルムに着いてからは バルト海7日間クルーズ に変わり、

ストックホルム(スウェーデン)2日間-ヘルシンキ(フィンランド)-サンクトペテルブルグ(ロシア)2日間-タリン(エストニア)-ストックホルムのルートをひたすらぐるぐる回っていました。

北欧も行った事が無かったので、すごくラッキー!

特にロシアなんてビザ取るの大変だし、恐いイメージがあるので、まさか自分の人生で訪れる時がくるなんて夢にも思いませんでした。



そして今回のお船ですが、2009年に出来た9万トンのクラスで乗客数2826人、乗組員1050人の



日本船に比べればもちろん大きいのですが、以前に乗っていた2隻 コスタファヴォローザ(COSTA FAVOLOSA)コスタディアデマ(COSTA DIADEMA) に比べるとやや小さいので若干物足りない感がありました。

ただ、小さい割にはクルーエリアが複雑で最後の最後まで迷子になってましたが、、、笑

実はCOSTAの船にはそれぞれモチーフがあります。

分かりやすいのだと、コスタマジカ(COSTA MAGICA)は「音楽=Musica」なので、船内のインテリアのいたるところにト音記号や音符が装飾されています。

で、コスタルミノーザというのは、「イルミネーション=Illuminazione」から名付けられたそうで、イルミネーションが美しい船としてデザインされています。

そのためか、今まで乗ったり、見た当社の船の中では一番好きなデザインでした。

なんと言うか、嫌味がなく、シックで落ち着いた雰囲気。

実は当社の船、イタリア人の船のデザイナーによって造られるので、どの船もド派手なんです。

シックで落ち着いて高級感が漂うアメリカの船に慣れていた私は、最初は目がチカチカしてなかなか慣れなかったものです。


こちらがコスタルミノーザ。10万トン以上のお船よりスマートな感じです。

そしてこちらが今回の同僚達。メイン5言語に加え、ポルトガル、ロシア、トルコ、日本でした。



各寄港地のブログは後日少しずつ
アップしていきますのでお楽しみに!






↓ ブログランキング始めました。応援よろしくお願いします! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村



同じカテゴリー(クルーズ)の記事画像
Toulon(トゥーロン)
世界の後姿 ②
世界の後ろ姿 ①
世界の自転車のある風景
Ibiza (イビザ)
世界の船窓から~④マルタ
同じカテゴリー(クルーズ)の記事
 Toulon(トゥーロン) (2015-09-29 15:00)
 世界の後姿 ② (2015-09-17 15:00)
 世界の後ろ姿 ① (2015-09-16 15:00)
 世界の自転車のある風景 (2015-09-15 15:00)
 Ibiza (イビザ) (2015-04-29 17:00)
 世界の船窓から~④マルタ (2015-04-27 17:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
そろそろクルーズについて書こうかな
    コメント(0)