2015年02月20日

クルーズ生活



はてさて、何から書けばいいのやら、、、

何せ8ヶ月も、毎日13時間労働で契約期間中一日の休みも無いという多忙すぎて日記もブログも何も記せないほどだったので、曜日の感覚も時間の感覚もバカになってます。

なので、今日はまず私の船とお仕事のご紹介。

私はこの契約期間中に2隻の船でお仕事をしました。

1隻目は、乗客数3800人でクルーの数が1200人の12万トンクラスのクルーズシップ。

2隻目は、乗客数5000人でクルーの数が1300人の13万トンクラスのクルーズシップ。

12,13万トンって言われても、、、、一体どれくらいなの!?と思うでしょう。

日本の有名なクルーズ船と比較すると、「にっぽん丸」は2万トン、「飛鳥」は5万トン、山下公園でいつも停泊してる「氷川丸」が11,622トンなので、その大きさが莫大って事が分かるでしょう。
そう、日本は港が小さいから、このクラスのクルーズ船は停泊できないので、日本では拝めません。

ゲストフロアは14階もあり、全長300m強で、クルーフロアが水面下に2-3階、客室数1000以上で、たくさんのラウンジに大劇場、プールにジャグジーはもちろん、ウォータースライダーまで、4DシネマにF-1シュミレーター、ディスコ、美容院にネイルサロン、スパやジム、クリーニング、病院や薬局まで何でも揃う、いわば小さな街といっても過言ではない、それが私の職場です。

毎年クルーズ旅行をするクルーズファンだった私ですが、今までは全てアメリカ船でイタリア船には乗ったことがありませんでした。

で、イタリア船で働いてみて一言!

めちゃくちゃ楽しいじゃん!むしろお客さんになりたい!!

というのも、船によりますが、今まで乗ったアメリカ船は乗客の平均年齢も75-80歳と高く、クラシックな内装で落ち着いた雰囲気、イベントやゲームも少なく、年寄り相手なのでいつも楽勝で優勝しちゃったり、やること無くて本を読破、数独のマスターになっちゃうなど、いかにものんび~りで、リラックスなクルーズシップといった想像通りの楽しみ方しか味わったことが無かったのですが、私のイタリア船は100%真逆!

毎晩ラウンジでは、「リバイバルパーティ」や「80's&90's」、「ラテンパーティ」などテーマがあってディスコ化。
今時のディスコサウンドが流れるディスコも常備されているというのに、それ以外にも3,4つのラウンジがそれぞれ違った音楽でダンスホールになるなど、

さすが踊るの大好きイタリア人!


それ以外にも、ホワイトパーティやイタリアンパーティといった週に二度開催されるBIGなパーティは、最上階部分のオープンデッキで真夜中だってのに爆音でダンシング!


なんてったって、地中海の星空の下、周りには何も無いから爆音だって気にしな~い!!

老若男女踊り狂ってます。夜中の2時までベビーカーつれたママも普通に沢山います。


なんてったって、踊るの大好きイタリア人!

シドニーでもクラブ大好きで通っていた私には、うってつけの職場でした。(ここに来て判明)

で、翌日は疲れてみんな昼まで寝るのかと思いきや、、、、


昼間から踊っとります。

同じアホなら、踊らにゃ損損!!とまさにこのことだったのでしょう、今さら納得!

老若男女、デブでも毛むくじゃらでも恥じらいも無く水着でゲームにも参加!


この精神、素晴らしい!

ホリデーは思いっきり楽しむ!それがイタリア風。

ダンスばかりで、一人でクルーズ来た人には苦痛そう、、、と思うでしょう、でもご心配なく!
アニメーターといって、パーティやゲームを盛り上げたり、一緒に踊ってくれるスタッフがアメリカ船なら、4,5人しかいないのに、私の船は20人強はいて誰をも相手にしてくれるから、

独りじゃない!!


なので、心底お客さんになりたいと思ってしまうのです。

しかも、お客さんならめちゃくちゃ楽しいんでしょうが、働く側からしたら、労働時間は長くなるし、酔っ払ったお客さん面倒臭いし、、、なので、よっぽどアメリカ船の方が仕事条件楽なんだろうな~と嘆いております。(夜10時以降にはスタッフ見なかったような、、、)

他にも楽しみは満載で、毎日ある大劇場でのミュージカルは毎日違ったものだし、アクロバットのショーや、私の船にはスケートのショーまであるんです!
小さな舞台の上、しかも、船なのですごく揺れる時もあるのに転倒もせず、スケートでクルクル回ったりジャンプしたりと素晴らしい演技が楽しめます!
週に一回、クルーズスタッフによるかくし芸的な「Crew Show」というのも合って、普段レストランでサーブやオーダーをとるスタッフや、ハウスキーパーなんかが、プロ顔負けの歌声で歌ったり、踊ったりという面白いショーもあります。


スケートリンクは特別な樹脂でアイスではないけど、もちろんアイスリンクのようにもちろん滑ります。

アクロバットも船で揺れる中、棒一本でハンドスタンディングしたりとプロ以上にプロ名演技!

クルーショー。インディアンダンスを披露中!意外にもお客さんに一番人気のショーだったり!?


で、私のお仕事はというと、、、


インターナショナルホステス、日本語では日本人乗務員、、、って、そのままじゃん!


主な仕事はトランスレーション(通訳)です。
英語が話せない日本人のお客様にも、快適なクルーズを楽しんでいただけるようお手伝いといったところでしょうか。
毎日船内新聞や、レストランでのメニューを作ったり、緊急時のアナウンスをしたり、病院やレセプションでの通訳、あとは稀に日本のテレビ局や雑誌メディアが取材に来るので、オーガナイズや通訳、インタビューなどお手伝いをします。


スパを撮影中のメディア。稀と書いたけど、今年に入って4社も相手したよ、、、


で、カスタマーリレーションが基本的なお仕事なので、カクテルパーティに参加したりと毎晩ドレスを着ているので、一見華やかに見られますが、お給料も時間で換算したら500円くらいだし(使うとこないからやっていけるけど)、部屋も二人でシェアと、クルーズの煌びやかさとは正反対で、かなり質素で過酷。
ただ、会社もそれは承知なので、クルーの為のパーティやビンゴやラッフルズゲームなどを開催してくれます。
そういうとこ、やはりスタッフの殆どがイタリア人やヨーロピアン、他にも全部で74カ国籍のスタッフがいるので、日本の会社より色々スタッフのこと考えてくれてるような気がします。
(ちなみに、スタッフは1200-1300人で74カ国籍いますが日本人は私のみ)


2人部屋だけど、恐らく4畳半ほど、机も2人でシェア。バスルームはもちろんバスタブないよ。

スタッフの食堂はビュッフェ。1週間のローテーションなのですぐに飽きます。

船生活は過酷なので、筋肉を鍛えないとすぐに病気になるので、週3回5km走ってます。

クルーバーではパーティやビンゴ、ゲームが開催されます。

もちろんクルー専用のジャグジーもあります。ここは船の先頭でお客さんも入れないエリア!


と、8ヶ月も働いていると、過酷な思い出しか蘇りませんが、楽しい事もあるし、何と言っても船上生活自体が、普通の人には決して出来ない貴重な経験なので、体力の続く限り、またまだ海外に興味がある限りは暫く続けて生きたいと思います!

誰かに上記の私のニューライフを話しても、みんなイマイチ想像が出来ないようですが、今回は写真も沢山載せたので、きっと船上生活に少しは想像が出来たのではないでしょうか?

次回以降は寄港地をアップしたいと思いますので、乞うご期待!


  


2014年03月31日

Cruise Holiday ③Lifou Island



南太平洋諸島周遊クルーズシップの旅ですが、Noumeaの次は、またまたニューカレドニアの島 Lifou Island(リフー島)

この島は浅瀬に囲まれているので、船が島に直接着けないので、沖から水上タクシーで着陸します。


25人くらい乗れる水上タクシーで順々に着陸。

桟橋に着いたら、そこはハワイアンブルーの世界♪♪



リフー島は観光地化されておらず、ニューカレドニア本来の素朴で雄大な自然が楽しめるとのこと。

抜群の水の透明度で、ソフトコーラルがシュノーケリングで簡単に見えると聞いたので、期待も大!

そこで、クルーズシップのオプショナルショアツアーである Jinek Bay のシュノーケルツアーに参加。

このJinek Bay は、午前中100人、午後100人の合計200人しか一日で入海できないという限定されたベイ。

というのも、もちろん環境汚染を極力防ぐため。


すごくきれいだけど、やっぱり10年前に比べると比較にならないほど魚が少ないそう。

見よ、この青い海を!

ダイビングしなくても、すぐ5m先にはカラフルなコーラルが広がってて、魚もたくさん!

シュノーケルを終えて、次は船から見えた丘の上の教会(ノートルダム)に向かうことに。

わずか80mほど階段を上がればいいのに、いかんせん直射日光がキツイ!でも、景色は最高!

階段を上り切ったてっぺんには、青い空に栄える真っ白なかわいらしい教会が在りました。

中がこれまた可愛らしい♪ 驚いたことに、フランスの重厚感溢れる教会とは大違い!

まるで絵のような世界!



その後、まだまだ時間もあるので街にに向かうことに。

地図も何のインフォメーションもない私たちは、たぶん歩いて島を一周できるだろうと軽く考えて、いざ出発!

これが大きな間違いだった。。。

出だしは何も知らないので、ルンルン気分で島のもの全部に感動していたんだけど、歩けど歩けど街らしい雰囲気が感じられない。

二手に分かれた道を見つけ、そこで立ち往生していたら、車に乗った島民に声を掛けられ、実はこの島、全長100Kmはあるとのこと。

そう、日本の沖縄本島ほどの大きさだったのです。

で、ポートに戻ってシャトルバス(A$5)に乗れば、街に着けると聞いたんだけど、すでに30分は歩いていたので、お腹すいたし面倒くさい。

渋ってたら、島民のおじさんが家に帰る途中に良いレストランがあって、ローカルフードが食べれるよっていうもんだから、ヒッチハイクさせてもらいました。


なんと茅葺屋根の家!これ、模型じゃなくて実際に使われてるんです。

こんな現代的な家にも、茅葺屋根の小屋が、一家に必ず一つありました。何のため!?

しばらく歩くと、またまた教会発見!

この教会もパステルカラーで可愛らしい。フランスっていうよりポルトガルとかの雰囲気。

二手に分かれた道発見、さてどっちに行けばいいのか、、、、結局どちらも不正解だったけど。

この STOP マークの指示に従ってたら良かったのに、、、

で、運よく英語の喋れる親切な島民がヒッチハイクしてくれ、とりあえずレストランに向かうことに。

車で15分ほどぶっ飛ばしてたどり着いたレストランは、雰囲気も良く、スタッフも親切で一安心。

で、メニューがフランス語なので分からないから、とりあえずスペシャルを注文。これな~んだ?

実は、島のそこら辺に栄えてる草の若葉の炒め物。なんとなく日本食のような懐かしい味でした。

スペシャル2つ目は、ロークックのオムレツと、さっきの草と芋と芋と、違う芋と、さらに違う芋。薄味。


なんとこの2皿で、A$28!

高いでしょ、だって全部そこら辺で取ってきたやつ、言わばコストフリー。

でもまぁ、ローカルフード堪能したかったし、スタッフも英語しゃべれないのに、頑張って何か伝えようとしてくれたし、プライスレスってことで、良い経験になりました。

ロークックの玉子食べるのには、大分勇気要ったけどね。

で、気分良くして、散策開始!

さっきのヒッチハイクのおじさん曰く、島を回るには島民をヒッチハイクすれば良いって簡単に言うもんだから、簡単に車が捕まるもんだと思って、ポートとは反対方向の道を歩き始めました。

でも、歩けども歩けども、車が通らない、、、

なんと2時間半。

なんと観光バや車でしかツーリストは向かわないビューポイント、jokin の絶壁に辿り着いてしまった。

ここには、絶対インフォメーションセンターがあるはずだと思って、安心したのもつかの間、、、

誰もいない。

観光バスも、ツーリストのレンタカーもない。

で、絶景だけ拝んで、船の出発時間を懸念してさっさと同じ道をUターン。

なんと帰り道も車が通らなかったという地獄を味わったのでした。

で、島での自由時間ぎりぎりまで歩き続け、なんとかポートに到着。

とりあえず、船に間に合って良かった~!

だって、電話も何も無いからね。誰も探してなんてくれないでしょう、、、

と、素晴らしいアイランドエクスペリエンスになりました。


炎天下の下、飲み物も無く、丘を越え、森を越え、歩けども歩けども道は続いたのだった、、、

またまた教会発見!電線が見えた時のあの嬉しさ。でも、人っ子一人見つけられなかった、、、

辿り着いたジョーキン絶壁、素晴らしい!けど、期待した観光客はいず、、、誰か助けて、、、

で、急ぎ足で戻り、何とかたどり着けたポートでは、有意義にビーチで遊ぶパッセンジャー達。

ここでのんびりするのも、アリだったな~と半分後悔と、半分達成感を抱え、再び船へ。

最後は、島の子供たちとハイタッチして、リフー島に別れを告げたのでした。

この海に別れを告げるのは本当に惜しい、、、



  


Posted by ミポリオ at 15:00Comments(3)旅行・ホリデー

2014年03月29日

Cruise Holiday ②Noumea



先日のブログでご紹介したように、シドニーからクルーズシップで南太平洋の島々を周遊。

シドニーを出て丸2日後、記念すべき最初に着陸したのは、

ニューカレドニアの首都Noumea(ヌメア)でした。

ニューカレドニアは未だにフランスの植民地(昔はオーストラリアと一緒で、フランスの流刑島だったんだって)で、ニッケルを産出する鉱山の島で、四国ほどの大きさらしいんです。

でも、リゾートでも有名で、ニューカレドニアのサンゴ礁は、なんと世界遺産に登録されてるんだって!

で、言わずと知れた「天国に一番近い島」っていうキャッチコピーで有名なんだけど、ニューカレドニアには37つ(定かではない)の島々があるから、いったいどの島がその天国に一番近い島なのか気になったので、現地の人に訪ねてみたけど、そもそもそんなキャッチコピーが現地では存在しないらしい。。。

後々、ウィキペディアで調べたところ、そのキャッチコピーは日本で昔放送されたドラマ(原田知世主演)のタイトルで、その舞台がニューカレドニアだったから日本では圧倒的にそういうイメージで浸透されてるらしい。


で、話は旅行にもどりますが、実は当初の予定ではIsle of The Pinesという、これまたニューカレドニアの島に着陸する予定だったのですが、サンダーストームで寄港できないということで、急きょ旅路変更になったんです。

おかげで、ヌメアは快晴!素晴らしい観光ができました。


まずは現地のお金に両替。この下の男の人、ちょっと不細工な伊藤英明みたいじゃない!?

A$1=パシフィック₣75(日本円80円)が相場なんだけど、クルーズで買えたので₣73で損した。

まずは、ポートにあるツアーデスクでこの島名物のChu Chu Train(A$35)に参加。町内散策!

最初は、ダウンタウンからすぐの丘の上の絶景ポイント。こういう坂の町好きなんだよね。

そこで記念撮影!

実はこの丘、以前はシネマがあったけど、今は潰れて津波などの避難所になるけど、落書きだらけ。

で、ヌメアはニューカレドニアの首都なので、国会議事堂を横目で通り越し、

昔の刑務所に。こんなんだったら、簡単に脱獄できそうよね。。。

線路は続くよ、どこまでも~。シュシュポポシュシュポポ♪

次の到着地点はOuen Toro、 昔のフランスの砦。

マレーシアのマラッカや、マカオにもこんなのあったな~。コロニーは守るのに必死だね。

ってか、こんなきれいな海に砲弾打てる神経がわからん!

途中、綺麗なシトロン(レモン)ビーチを通り越しって、おいおい通り越しちゃったよ、降りれない。

貴重な選挙活動の光景もみれたし!(やっぱりフランス国旗なんだね。)

そして、再びシティセンターへ。

チャイナタウンはどこにでも存在するんだね。

で、今度はHop on Hop バス(A$15)で、さっき通り過ぎたビーチへ。これぞ、ニューカレドニア!

ランチは、Stone Plate のフィレステーキを奮発!リゾート来たら、ラグジュアリー感じないとね。

フランス領だから、クレープ食べないとね!ってことで、苦しいながらも別腹に収めました。

海辺では、アイランダーがボーリングみたいなゲームしてました。

ニューカレドニアの首都ヌメア、超観光地化されてけど、リゾート味わうには良い街でした。


  


Posted by ミポリオ at 20:58Comments(5)旅行・ホリデー

2014年03月24日

Cruise Holiday ①ダイジェスト



貧乏学生なんですが、なんと今年も行ってきました 豪華客船の旅!

彼氏が、去年のクルーズシップに味をしめ、どうやら毎年の恒例行事(Holiday)となりそうです。

なんと今回は、昔から憧れだった South Pacific Ocean ♪

そう、南太平洋の旅。

日本からだと南に当たりますが、シドニーから行くので北になるんだよね。
(だからオーストラリアではSouth ってつけないんだって気付いた。)

ニューカレドニアバヌアツの島々(5島)を豪華客船で周遊するという11日間のクルージング

そこには、、、

期待を裏切らないが待っていたーーー!!!



今回はシドニーから出発して、シドニーに戻るというラウンドクルーズ。(前回はワールドクルーズ)

ハーバーブリッジをくぐる瞬間は毎回歓声が上がります。

オペラハウスなんてもう飽きるほど見てるのに、クルーズに乗ってるとついつい撮ってしまう。笑

太平洋は青いぜよー!

シドニーを発ち、最初についたニューカレドニアのNoumea 島で、最初のカメラポイント。

ヌメアは首都ってだけあって、完全に観光地化されて快適に過ごせました。ただ物価がバカ高い!

お次の島は、ニューカレドニアの Litou 島、ここはまだ未開拓。シュノーケルを楽しみました。

島散策中、道に迷ってとんでもないとこまで来てしまったが、絶景!ジョーク崖だけど、笑えない!笑

バヌアツのPort Vila では、人生初のヘリで島を上空周遊!しかも、サンダーストームの下。笑

トライバルビレッジにも足を運び、彼らのライフスタイルを学んできました。

Wreck(沈船)ダイビングでは、船の中も散策するというロマン溢れる体験で感動!


しかし、途中で不運にもサンダーストームに遭遇するという過酷なクルーズになり、予定通り島に上陸できず、大揺れの船内には、船酔い続出という悲惨さ。

私の人生、やっぱりギャグ満載!

が、今回もヘリコプターで島を一周したり、トライバルビレッジを訪問したり、シュノーケルにダイビングと、島々でいろいろアクティビティにも参加したので、後々ブログにアップしていきま~す。

また、豪華客船って値段が大体一緒なら、どれも同じかと思ってましたが、会社によって船もサービスも全然違うことが今回のクルーズで分かったので、その辺も覚えてたら載せていきますね~。

  


Posted by ミポリオ at 20:25Comments(4)旅行・ホリデー