2015年09月12日

そろそろクルーズについて書こうかな

さて、クルーズファンの皆さんには随分お待たせしてしまいましたが、前回のクルーズのお仕事に着いて書こうと思います。

私のお仕事については、既に以前のブログにて紹介済みなので、気になる方はそちらご覧下さい。


今回の船内での写真。予告無しに突然撮られたのでスーツ皺くちゃ。スーツケースから出してすぐ。



4月から始まった新しいコントラクトですが、今回はまず日本からイタリアのサボナへ飛び、そこから北欧に向かって17日間のポジショニングクルーズ が始まりました。

航路は、サボナ(イタリア)-トゥーロン(フランス)-バルセロナ(スペイン)-カディス(スペイン)-海上-リスボン(ポルトガル)-ヴィーゴ(スペイン)-海上-サウスハンプトン(イギリス)-海上-アムステルダム(オランダ)-海上-コペンハーゲン(デンマーク)-海上-ヴァーネミュンデ(ドイツ)-海上-ストックホルム(スウェーデン)

という9ヵ国11港という大航海で、めちゃくちゃラッキー!

というのも、いったことの無い国ばかりだったので ♪

しかも、17日間クルーズなんて日本人のお客様いるわけない!(日本人のお客様は7日間クルーズがほとんど)

ということで、毎日エクスカーションに参加してました。(だって他に仕事が無いから。笑)


各寄港地のブログは後日少しずつ
アップしていきますのでお楽しみに!




私の乗っていた船の航路の広告はもう無いので、来年の広告で想像してみて下さい。

似てますが、私は17日間だったのでもう少しのんびりって感じですね。


ストックホルムに着いてからは バルト海7日間クルーズ に変わり、

ストックホルム(スウェーデン)2日間-ヘルシンキ(フィンランド)-サンクトペテルブルグ(ロシア)2日間-タリン(エストニア)-ストックホルムのルートをひたすらぐるぐる回っていました。

北欧も行った事が無かったので、すごくラッキー!

特にロシアなんてビザ取るの大変だし、恐いイメージがあるので、まさか自分の人生で訪れる時がくるなんて夢にも思いませんでした。



そして今回のお船ですが、2009年に出来た9万トンのクラスで乗客数2826人、乗組員1050人の



日本船に比べればもちろん大きいのですが、以前に乗っていた2隻 コスタファヴォローザ(COSTA FAVOLOSA)コスタディアデマ(COSTA DIADEMA) に比べるとやや小さいので若干物足りない感がありました。

ただ、小さい割にはクルーエリアが複雑で最後の最後まで迷子になってましたが、、、笑

実はCOSTAの船にはそれぞれモチーフがあります。

分かりやすいのだと、コスタマジカ(COSTA MAGICA)は「音楽=Musica」なので、船内のインテリアのいたるところにト音記号や音符が装飾されています。

で、コスタルミノーザというのは、「イルミネーション=Illuminazione」から名付けられたそうで、イルミネーションが美しい船としてデザインされています。

そのためか、今まで乗ったり、見た当社の船の中では一番好きなデザインでした。

なんと言うか、嫌味がなく、シックで落ち着いた雰囲気。

実は当社の船、イタリア人の船のデザイナーによって造られるので、どの船もド派手なんです。

シックで落ち着いて高級感が漂うアメリカの船に慣れていた私は、最初は目がチカチカしてなかなか慣れなかったものです。


こちらがコスタルミノーザ。10万トン以上のお船よりスマートな感じです。

そしてこちらが今回の同僚達。メイン5言語に加え、ポルトガル、ロシア、トルコ、日本でした。



各寄港地のブログは後日少しずつ
アップしていきますのでお楽しみに!






↓ ブログランキング始めました。応援よろしくお願いします! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村   


2015年04月16日

BS6 極上のクルーズ紀行 放送その後、、、



昨日告知した、私がお仕事をしていた客船コスタディアデマが、いよいよBS-TBSで「極上のクルーズ紀行」というタイトルで放送されました。

野球の延長で1時間も遅れてしまったので、翌日仕事がある方やお年寄りやお子さんは10時スタートなので諦めた方も多いと思うので、放送直前にプロデゥーサーから視聴率が取れないという嘆きのメールが来ました。

さて、感想ですが、最高!

というのも、クルーズだけでなく、今回は各寄港地での新旧の有名建築を一級建築士の稲葉なおとさんのマニアックな解説付きで観れるという濃いものだったからです。

イタリアンシップの良さもふんだんに紹介していただけて、日本の方には今までのただの豪華客船というイメージがこれで随分変わったのではないでしょうか?
(踊って楽しんだもん勝ちという新しいイメージに)

本当に本当に素晴らしい番組でした。

で、2時間スペシャルの今回は、船内でのVIPカクテルパーティーや仮面パーティ、ホワイトパーティ、ダンスコンペティションなどさまざまなイベントも紹介され、そのひとコマでチラっと私のお仕事ぶりが映ってました。



VIPカクテルパーティのひとコマですが、即興で挨拶することになり、更にこの時酷い風をひいていたので、最初の挨拶で間があったのですが、この時実は鼻水が喉に流れて話せなかったという、、、汚くてすみません。

まさか、テレビに映るとは思っていなかったものですから、お恥ずかしい、、、

でも、この場面に父が大興奮。

普段自分以外誰も褒めないという性格の父が、私の人生で初めて褒められました。

そして、父は昔船員になりたかったらしいので羨ましがられました。

これだけでも、クルーズシップで働いた甲斐があったな~と今しみじみ思います。笑


これは当時、鉄板焼きレストランの撮影をしている撮影風景。

こちらは、インタビュー撮影の撮影風景。



インタビューやさまざまなシーンの撮影に同行していたのですが、かなりカットされていることにビックリ!

8日間の全ての映像を2時間にまとめるんだもん、そりゃ編集大変ですよね。
(実際2ヶ月掛かってるので)

その2ヶ月の集大成を、野球の延長で放送遅れになって、視聴率が下がるなんて、、、いやはや厳しい世界ですね。

  


2015年04月15日

BS6 極上のクルーズ紀行



私が乗っていた コスタディアデマ がまたテレビで放送されます!

しかも、今回はなんと 2時間スペシャル!!


4/15(水)BS-TBS6チャンネルで夜9時から2時間です。

そう、今夜です!!

今回は各寄港地での世界の名建築も紹介されるそうなので、クルーズに興味がある方だけでなく、建築好きな方も是非ご覧下さい!

しかも、ナレーターはなんと!

高橋克典さん!


ちなみに、私は会社がNG出したのでインタビュー出れませんでした。。。

けど、どこかで出てますので、どうぞ探していてください!



  


Posted by ミポリオ at 10:00Comments(1)おすすめ

2015年04月10日

Marseille (マルセイユ)



私の勤めるコスタディアデマ号は、フランスのマルセイユにも寄港していました。

パリに10年前に旅行で行った事があり、パリジェンヌに憧れを抱く私は、同じフランスということでマルセイユにも強い期待をしていました。

そこで、初めて行くときに、マルセイユに行った事がある船員たちに、マルセイユはどんなところ?と聞いていたのですが、

「汚い」「醜い」「何もない」「面白くない」、、、というネガティブ意見しか出てこなかったので、微妙な気持ちでいざ観光!

さまざまなネガティブ意見は一体何処に、、、???

と疑問になるほど美しい街です。

確かに犬の糞とかはありますが、そんなものヨーロッパのどこにでも存在するし、確かに特別な何かはありませんが、イタリアに比べて区画整理がちゃんとされていて、建物もイタリアのようにゴテゴテしてカラフルだったり、隣同士の家の色が違ったりというのは無く、シンプルかつエレガントで、街全体が調和が取れていて素晴らしいの一言!

たぶんイタリア人に聞いたので、ネガティブな意見しか出なかったのでしょう、、、

しかも、港に隣接したクリーム色を貴重とした街なので青と白、そしてヨット等がそれになじんでいて、そんな中、ベレー帽を被って犬を連れて歩く住人、

私、今間違いなくフランスにいる!

って、実感できる風景です。

イタリアスペインと違った気品が漂っております。

でも、それにしてもそれぞれの国がとても近いのに、こんなに雰囲気が違うのが不思議で仕方ない。

だから、歴史が更に気になっちゃうんだよねー。


見てください、この素晴らしい景色!マルセイユは美しい港町です。

ここは旧港(Old Port)と呼ばれる地域で、目印はこの観覧車。

クリスマスシーズンに行ったので、クリスマスマーケットが運よく出てました。

オールドポートでChocho train(チューチュートレイン)を発見!乗って市内を一周しました。

海辺を通り、住宅街を通り抜けて辿り着いた丘の上のノートルダム

市内を一望できます。前に見えるのが、さっきいたオールドポート。

マルセイユは意外にもフィレンツェみたいにオレンジ色の屋根が多いんですね。

そして、またオールドポートに戻ったところから先程のノートルダムを見てみる。

これはオールドポート側の一番大きな教会。白黒のゼブラ模様はジェノバから運んだそう。

こちらも教会、この周りはパニエと呼ばれる地域で、日本でいう裏原宿みたいな感じ。

教会の前にはこんなオシャレなグラフィティアートが!旧港の言い伝えの絵らしい。

パニエにはシャレたお店やグラフィティアートがいっぱいなので面白い!

またマルセイユに行くと決まったら、絶対に行きたいところです。

こちらは昔ダムだったところ公園。マルセイユを自転車で北上して行きました。

上からの景色はこんなに素晴らしい!いかにもフランスって感じですよね。

マルセイユ土産はやっぱり石鹸でしょう。格安で色も可愛いのでオススメ!



マルセイユに寄港すると、プロヴァンスやアビニョンにエクスカーションに行けるのですが、マルセイユに寄港する日は決まってお仕事が多かったので、私は遠出のエクスカーションには残念ながらいけませんでした。

が、プロヴァンス地区の中で最も栄えるエクスアンプロヴァンス(AIX-Provance)には行けました。

ここは、港町のマルセイユとは雰囲気が少し違い、緑が溢れ、その中にたくさんのマルシェ(市場)が賑やかに連なる、もう少し温かみが感じられる街並みです。


目印はこちらの噴水。この噴水の前にアップルショップのあるのでネット使えます。

ここがメインの並木道。クリーム色の調和の取れた建物がエレガント!

こちらが、エクスアンプロヴァンスのノートルダム。中のパイプオルガンの装飾が素晴らしい!

いつも日曜日に寄港していたので、マルシェ(市場)がたくさん出ていました。

フランスと言えば、やっぱりクレープ!でも、日本のクレープが一番多種で美味しいな。

フランスと言えば、パティシエの国。ぜひスィーツを堪能してください。

そしてプロヴァンスといえばラヴェンダー。化粧ブランド「ロクシタン」もプロヴァンス産!


このように南フランスに位置するマルセイユはパリとは全然趣きが違いますが、両サイドに囲むイタリアやスペインとも全然雰囲気が違ってとても面白い。

船が丸一日寄港するのであれば、ぜひ半日はエクスカーションで遠出して、あと半日はマルセイユを観て回ることをオススメします。

ヨーロッパの街は主要な街でも、日本のように見所満載ではないので、半日でだいたい観て回れるので、一日あれば2都市観光で欲張りたいですね。

  


Posted by ミポリオ at 17:00Comments(0)ヨーロッパ寄港地クルーズ

2015年03月16日

BS11 世界豪華客船紀行



告知になりますが、私が働いていたイタリアのクルーズ船コスタディアデマが日本時間で、今週木曜日の夜8時からBS11チャンネルの「世界豪華客船紀行」という番組で45分にわたって紹介されます。

クルーズに乗ってみたい方や、興味がある方は是非ご覧下さい。

また、クルーズに乗ったことがある方も、アメリカ船と違ってド派手で、エンターテイメント盛りだくさんで、また違うイメージをもたれると思いますので、面白いと思います!

ちなみにホステスへのインタビューは会社からNGが出たので今回はありませんが、私はスパで施術を受けてるモデルをしております。

ぜひ、日本にいらっしゃる方はご視聴くださいね~!


こちら当時の撮影風景。スパ撮影中です、内容はテレビでお楽しみ下さい!!



  

Posted by ミポリオ at 19:33Comments(0)おすすめ